1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 仕事における時間管理のコツとうまい人がやっている方法

仕事における時間管理のコツとうまい人がやっている方法

 2018/08/03 自己啓発
この記事は約 10 分で読めます。

    From.羽田野哲平

    名古屋の事務所より、、、

     

    こんにちは、今日は僕が教えている社員にも向けてブログを書こうと思います。

    やっぱり仕事をするようになって一番悩むのは「こんな量どうやってこなせばいいんだ、、、」ってことだと思います。僕も新卒1年目のときはすごい悩みました。ですが、僕は1年で一応スピード出世をすることができました。それはやっぱり僕が時間管理の方法について勉強したからです。

     

    書籍かなり読みましたし、動画の教材もあわせると計50万円以上のものを学びました。なので、今日は僕が実際に学んで試してみてこれは使えるなと思った方法だけを残して、仕事における時間管理のコツとうまい人がやっている方法というテーマでお話をしていこうと思います。

     

    仕事で時間管理ができないと悩んでいる方へ

    いま、あなたがこう悩んでいるいるのであれば、それはとても素晴らしいことです。おめでとうございます!

    なぜなら、時間管理ができればあなたの仕事は激変します。それぐらいの価値があるものです。その価値に気がついてくれたからこそ、このブログにまでたどり着いているのだと思います。

     

    そして、何よりも重要なのは、あなたが今を変えようと思っているということです。仕事なんてどうでもいい、ただ時が過ぎるのを待っていればいいと思っている人は絶対にここまでブログを読まないと思います。ですが、あなたはこのブログを今読んでくれています。だからこそ、自分を変えたいと悩むあなたに有益な情報を伝えることができるようにまとめさせていただきます。

     

    仕事にはどんな時間管理が求められるのか

    さて、まずはこの部分を整理したいと思います。結論から言いますと、あなたの役割を遂行するための時間管理術が求められます。

    あなたの会社には多くの人がいたとして、その人ごとに求められる役割って異なると思います。

     

    僕は求められているのは売上を上げる役割です。なので、売上を上げるためにはどんなことに時間を使い、どんなことには割かないべきなのかということをずっと考えてきました。世の中には様々な時間管理術の情報がありますが、意外とこの部分を見落としている人は多いです。

     

    重要なのは、どんな方法を取るかではなく、どんな状態を目指すかという部分です。あなたが組織においてどんな役割を求められていて、どんなことに注力するべきなのかをまずは考えてもらってから取り組んでみてください。

     

    そもそも時間管理とは?

    ここまで色々話をしましたが、そもそもこれを考えたことはありますか? 僕が思うに、時間管理とはエネルギー管理です。自分の持っているエネルギーを最大限に活用できる方法こそが管理に繋がるのです。

     

    当たり前ですが、どれだけ管理術を身につけても、自分ができるエネルギー以上のことはできません。だからこそあなたが今仕事に追われて「時間がもっと欲しい!」と思うのであれば、

    • エネルギーの量を増やす
    • エネルギーのロスを減らす

    この2点を考える必要があるのです。

     

    そして、エネルギー管理には3つのカテゴリーがあると考えています。

    1. 食事
    2. 睡眠
    3. 運動

    という3つのカテゴリーです。ではそれぞれどんなことに気を付ければいいのかをお話していきます。

     

     

    食事

    食事で一番重要なのは”朝食”です。朝食は必ずいいと思うものを食べましょう。

    多くの時間管理術では、朝をとても大切にしています。いかに朝の時間に多くの仕事をするかが大きなポイントになります。そのためにも朝食は絶対に欠かしてはいけない部分なのです。朝にやる行動がその日、1日の生活を決めてしまいます。

     

    例えば、朝にずっとゴロゴロして気持ちの赴くままに眠りこけた日に「今日は充実した1日だったなぁ!」と思ったことはありますか? 僕はないです(笑)

    やっぱり「もっと早くから行動してれば、、、」って思いますよね。その日の朝にやる行動がその日の一日の行動のレベルを決めてしまうのです。だからこそ、世界で活躍する一流企業の経営者はとても朝を大切にしています。

    ナイキのCEO、マーク・パーカーさんは朝5時に起床、アップルのCEO、ティム・クックさん、スターバックスのCEO、ハワード・ショルツさんは4時半に起床しています。

     

    彼は朝の時間をとても大切にしています。だからこそ、これほど早くから行動し、毎朝いいものを食べています。これは彼らがお金持ちだからではなく、何度も言うようにその日の朝にやる行動がその日の質を決めるからです。

     

    あなたもまずは食事から管理してみましょう。

     

    睡眠

    そして、エネルギーを管理するという観点において睡眠も欠かすことはできません。必ず7~8時間は睡眠を取るべきです。なぜならこれが不足してしまうと朝のゴールデンタイムにひたすら眠い、、、と思いながら集中することなく時間だけが経過してしまい、結果終業時刻になって本人が困ってしまうのです。

     

    運動

    そして、最後に重要なのは運動をすることです。僕は今、仕事をしながらテニスとフットサルをやっています。大体ですが、テニスは週に8時間、フットサルは2時間ぐらいやっています。やっているタイミングは朝ですね。遅くなって疲れて帰った日でも、次の日の朝に5時半におきて。6時からテニスをやったりしています。そこから出社して仕事をしていますね。

     

    こういう話をすると「朝からそんなことして仕事大丈夫ですか?」「辛くないですか?」と聞かれるのですが、むしろ逆です。朝からテニスをやった日はスピードもクオリティも高まります。なぜなら、午前中には、もうしっかりと目が醒めた状態で身体が活性化しているからです。世界のCEOも朝はランニングをしている方が多いですね。

     

    ぜひ、あなたの生活に、朝の運動も取り入れてくださいね。

     

     

    時間管理のコツ

    さて、さらに時間管理のコツについて深くお話をして行こうと思います。実はここまで話をしてきて驚くかもしれませんが、本当にうまい人って実は時間で仕事で区切らないんです。

    「えっ、それってどういうこと?」って思いますよね。詳しく解説していきます。

     

    うまい人は時間で管理しない

    よく、この仕事は何分かかるからここの時間にいれて、、、これが終わったら休憩。とパズルのように仕事を管理している方がいます。ですがこれは間違いです。

    先ほども言いましたが、あなたは本当に管理しなければならないのは時間ではなくエネルギーです。なので、あなたが本当に意識すべきなのは「いかにエネルギーロスを少ないスケジュールを立てることができるか」ということです。

     

    エネルギーロスという言葉が出てきましたが、あなたはどんな時に人間は一番エネルギーを使うと思いますか?

     

    それは、ゼロから何かを決断して始めるときです。

    朝起きるのって本当に難しいですよね。それは、今まで睡眠をしているというゼロの状態から「起きる」という決断をしないといけないからです。実際に起きたらそれまでの寝起きの悪さが嘘だったかのように行動できることも少なくないと思います。それは「起きる」という決断が、大きなエネルギーを使うからです。

     

    だからこそ、決断をいかに少なくできるかが、エネルギーの消費を抑えた、集中力を最大化できるスケジュールのコツです。

    なのでポイントは、仕事の時間で区切るのではなく、自分の集中力が続くであろう時間(大体60分~90分と言われています)で区切ってください。

     

    どれだけ仕事が途中でも構いません。むしろ中途半端な状態で区切る方がいいのです。

    なぜなら、何かをゼロから始めるとエネルギーを消費してしまうからです。だからこそ、仕事をキリいいところまでやってしまうと、またキリのいいところから始めないといけません。一見気持ちがよく感じますが、集中力を管理するという観点から考えたときはむしろ中途半端な状態で一旦集中力を回復さえるために、中断して始める方が、スムーズに仕事を再開できるのです。

     

    始めは気持ち悪いと思うかもしれませんが、あなたが本当にやるべきなのはエネルギー管理です。だからこそ、この方法で実践してみてくださいね。

     

    さらにスケジュールについて知りたいという方はこちらのブログ記事も合わせてご覧くださいね。

        ↓ ↓ ↓

    集中力を最大化する仕事のスケジュールの組み方

    時間管理がうまい人がやっている方法

    ここまで重要な考え方をいくつかご紹介しましたが、ここからは、さらに具体的な方法論についてお話をしようと思います。これがうまい人は本当に結果に結びつきます。そんな仕事の優先順位を決める2つの軸についてお話をしようと思います。

     

    時間の基準

    まずは時間の基準です。素早くできるかどうかです。

    これは非常に簡単にわかることなのでわざわざ解説はしませんが、時間がかかることよりも、時間がかからないことを優先させてあげてください。

     

    インパクトの基準

    そして重要のなのは、この基準です。あなたがやる仕事が、あなたの目的に与える影響を考えてみてください。

    例えば、僕の仕事であれば売上を上げることが目的です。その中には様々なことがあるのですが、ざっくりわけると集客と販売にわけることができます。

     

    それをわけた場合、どちらに力を注ぐべきかということです。結論から言うと集客に力を注ぐべきです。

     

    難しい例かもしれませんが、1000人の見込み客がいたときに、20%を集客でき、内5%の方に単価1万円の商品を販売できたとします。

    そうすると200人を集客し、10名に販売することができます。売上は10万円です。

    これがひとつの基準としましょう。僕は売上を上げるために、集客率と販売の成約率を上げないといけません。

     

    販売の成約率を倍にできた場合、200名を集客し、20名に販売することができるので売上は20万円です。

    次に、集客率を倍にできた場合、400名を集客し、20名に販売することができるので売上は20万円です。

     

    あれ? どちらも一緒じゃないか? と思ったかもしれませんね。

    しかし、これは大きく違います。

     

    今回は販売できなかったとしても次に繋がる確立がグッと上がるのです。今回購入には至らなかったけども次に購入してくれる人の数は、

    前者の場合は180名、後者の場合は380名です。この差が結果的な売上に大きく影響を与えます。

     

    だからこそ、売上を上げるためにはインパクトの基準から考えたときに集客を優先すべきなのです。

     

    こんな風な基準を持って、どの仕事を優先すべきなのかを考えてみてくださいね。

     

    まとめ

     

    いかがでしょうか?

    今回は仕事における時間管理のコツとうまい人がやっている方法ということで僕の持っている知識をいくつかまとめてみました。

     

    この方法を試すだけで、1日の生産量はグッとかわりますので、ぜひ試してみてくださいね。

     

     

    僕がオススメする時間管理に役立つツールも紹介していますのでこちらも合わせてご覧ください↓

    集中力を最大化する仕事のスケジュールの組み方

     


    ========================


    ★今回のブログはいかがでしたか?
     
     
     
    面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
     
     
     
    ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
     
    また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
     
    お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




    \ SNSでシェアしよう! /

    クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

      この記事をSNSでシェア

    ライター紹介 ライター一覧

    newspiral

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 転職や仕事に役立つ女性におすすめの資格8選

      • 効率良く勉強できる!効果的なインプット方法とは?

      • 自己啓発本にハマる人の特徴と行動は?実は自己啓発本は意味がない!?

      • 手帳の使い方次第で仕事ができる人になれる!

      関連記事

      • 仕事における価値観の違いはどう受け入れてどう乗り越えるべき?

      • ネガティブ思考やめたい… 思い立ったらセロトニンに相談だ!

      • 努力が続かない3つの原因とは?

      • 手帳の使い方次第で仕事ができる人になれる!

      • 仕事ができる人は空気を読まない?空気を読むことの必要性とメリット・デメリット

      • 仕事がつまらない、、、手段の目的化の原因とは?