1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 職場での第一印象は悪い方がいい!その疑問にズバリお答えします!

職場での第一印象は悪い方がいい!その疑問にズバリお答えします!

 2020/07/27 自己啓発
この記事は約 11 分で読めます。

    今回は、第一印象についてのお話です。

     

    「第一印象をどのように見られたいですか?」といった、とあるアンケートの結果によると

    できることなら「良い人」に見られたいと。といった回答が8割以上に達しました。

     

    当然と言えば、当然の結果ですよね。

    誰も、悪く見られたいと思う人などいませんもんね。

     

    とは言え、第一印象をよく見られたいと思う一方で、いつも悪い第一印象を持たれてしまうといった悩みを持たれている方もいます。

     

    しかし、今回お伝えする内容は、そんな第一印象を悪くみられがちな方にとって、衝撃かつ、朗報となる事実をお伝えしたいと思います。

     

    ということで、今回は、
    「職場での第一印象は悪い方がいい!その疑問にズバリお答えします!」というテーマでお話していきます。

     

    【この記事を読んでいる方におすすめのコンテンツ】
    >>【THE-CHANGETHE】自分を変えたいと思ったら読む本<<

     

     

    第一印象が人に与える影響は?

    初対面の時に与える、「第一印象」は、人にどういった影響を与えているのでしょうか?

     

    男女限らず、初対面での出会いで、半数以上が、会って数秒の間に、第一印象を決めているといったデータが出ています。

     

    第一印象は、その後のイメージとして、ついて回ってきます。

    何をしても最初にうけた第一印象のイメージと結びついて考えてしまいますよね。

     

    それほどまでに、大きな影響を与えてしまう第一印象。

    と考えれば、やはり、良いにこしたことはないと考えてしまうのも無理もありません。

     

    例えば、寝坊して待ち合わせに遅刻したとします。

    第一印象が「まじめで、仕事ができそう」という好印象の人だった場合「仕事で疲れていたからしょうがない」と思うかもしれません。

     

    しかし、「不真面目でだらけている」といった第一印象が悪い人のイメージだった場合は、「やっぱり、時間にルーズでだらしない人だ」と思ってしまうのです。

     

    つまり、事象としては同じことであっても、人に与える印象は、まったく違ったものになってしまいます。

     

    これほど第一印象が与える影響は大きいんですね。

     

    私も、学生時代経験があります。

    演奏指導をして頂く際、初めてOBの方に会った時、とても厳しく、怒っていて「怖い人」という印象を持ちました。

     

    その後何度もお世話になりましたが、怒っていない時も笑っている時も、はじめの「怖い人」という印象が、なかなか抜けませんでした。

    最終的には、すっかりと打ち解けて、冗談も言えるくらいの関係になりましたが。

     

     

    「人は見た目が9割」と言われる理由

    皆さんは「人は見た目が9割」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

    この言葉についての書籍もたくさん出版されています。

     

    これは、アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが唱えている「メラビアンの法則」によってできた言葉ですね。

     

    簡単に言えば、人は、話す内容よりも、目の前にある情報を取り入れてしまうというものです。

    このように人間は本能的に見た目からの情報を頼りにしてしまっているのです。

     

    世の中には「一目惚れ」という言葉がありますが、これも同じことが言えるのではないでしょうか。

     

    会った瞬間では、「見た目」でしか判断はできません。

    話していくうちに中身を知ることができるのです。

     

     

    メラビアンの法則とは?

    では「メラビアンの法則」について、もう少し詳しくお話しします。

     

    メラビアンの法則とは、アルバート・メラビアンが唱えた、人間は話の内容よりも、視覚情報の方が影響するという法則です。

     

    人に影響を与える割合は「視覚情報55%」「聴覚情報38%」「言語情報7%」とされています。

    視覚情報は、身なりや、表情や態度、身振り手振りなど。

    聴覚情報とは、声の大きさやトーン、声の高さ、話すスピードなど。

    言語情報とは、話し手が発する言葉(話す内容)など。

     

    つまり、身なりがだらしなかったり、話す声や表情が暗くさえなかったら、いくら話す内容が素晴らしかったとしても、良い印象をもたれにくいといった法則です。

     

     

    見た目と第一印象の関係

    先程メラビアンの法則についてお話ししたように、「見た目」こそが「第一印象」を大きく左右することは、お分かりいただけたと思います。

     

    私も経験があります。

    初対面が金髪だったため、勝手に仲良くなれないと思い込んでいた人がいました。

    でも、話してみたら、とても人懐っこくて、笑顔もステキで、それでいて、話が面白く、逆に、そのギャップの大きさから、さらに高感度がアップしました。

     

    私は、「金髪=派手で怖い人」という見た目のイメージを持ち、その人の性格までも決めつけていたんですね。

     

    人間は本能的に

    外見

    態度

    話し方

    話の内容

     

    の順に情報を仕入れていくといわれています。

    これは、先ほどのメラビアンの法則にも通ずるところですね。

     

     

    第一印象を大きく左右させる3つの表情

    表情などは非言語コミュニケーションと言われ、話す内容の言語コミュニケーションに比べ、情報を多く与えることができます。

     

    私たちは本能的に表情を見て、その人を判断しています。

     

    あなたは「笑った顔」と「怒った顔」どちらの方が良い印象を覚えますか?

    もちろん笑った顔ですよね。

     

    笑顔は、人にいい印象を与えます。

     

    人間の表情は、大きく分けて3つの種類があります。

     

    オープンフェイス

    これは、笑っている顔や心を開いて微笑んでいる表情です。

    緊張感を緩めることができ、周りにリラックスした空気を与え好印象を与えます。

     

    例えば、お店に行ったときに笑顔で話しかけてくれる店員さんがオープンフェイスをしています。

    そうすることで、お客様を安心させることができるのです。

     

    その一方で、いつもオープンフェイスの人は、どこか能天気で切り替えのない人とも見られてしまいます。

     

    ニュートラルフェイス

    名前からわかるように、「素」の表情です。

    何も意識をしていない時の表情であり、周りに影響を与えにくいです。

     

    相手に気持ちがわからないようにする時にも意識的に使うこともあります。

    例えば、お客様から注文をお断りされた時に、自分の中で残念に思っていても、自分の気持ちを表に出さないようにする時です。

     

    ニュートラルフェイスを日常でもしている人は、表情が読み取れないので周りから「何を考えているか分からない」と言われてしまうかもしれません。

    クローズドフェイス

    真剣な表情、厳しい表情、怒りの表情にあたります。

    周りに緊張感を与えます。

     

    常にクローズドフェイスをしていると、怖い人と思われてしまう可能性もあります。

     

    この3つの表情「オープンフェイス」「ニュートラルフェイス」「クローズドフェイス」はそれぞれ良さがあります。

    しかし、常に同じ表情であると印象は悪くなります。

    このバランスが大切ですし、場面によって使い分けることが大切なのです。

     

    職場での第一印象は悪い方がいいのか?

    さて、いよいよ本題となります。

     

    すごく矛盾するようですが、

    職場での第一印象は悪い方がいい。と言われのも事実ではあります。

     

    では、そのからくりを説明します。

     

    普通、悪い印象を人に与えてしまうと、相手は一歩引いて、深くかかわろうと思わずに、最低限の関りだけを持とうとしますよね。

     

    こんな悪い印象の人の、どこがいいのか?

    この疑問を答えるためには第一印象の良い人、悪い人をそれぞれ比較してみると、わかりやすくなります。

     

     

    職場において、第一印象が良い人の場合

     

    もともとが評価(印象)が高いところからスタートしています。

    つまり、その高い評価、印象を上回るくらいの働きをしないと評価してもらえなくなります。

     

    仮に、評価が100点中の、80点だったとします。

    今の印象、評価を維持しようとしたら、常に、80点以上の働きを見せないと、印象を維持できません。

     

    しかも、小さなミスであったとしても、もともとが好印象なだけに、そのミスが目立ったりします。

    さらに、そういったミスが続いたりしようものなら、印象が良かった分だけど、下げ幅も大きくなり、一気に評価を落としてしまいます。

     

    また、第一印象が良ければ、関わっていくことに見たくないことや、嫌だと思う点も出てきてしまいます。

    ちょっとした言葉使いだったり、態度が、その印象を違っただけで、マイナス要素に捉えられてしまいます。

     

    80点の評価だとすると、上げ幅は20点。

    その一方では、下げ幅は、80点となり、もしも、第一印象と、本来の自分とがずれていたとしたら、かなり辛く厳しいですよね。

     

    【この記事を読んでいる方におすすめのコンテンツ】
    >>【THE-CHANGETHE】人生を極限に変える11の法則<<

     

     

    職場において、第一印象が悪い場合

    一方で、第一印象があまりよくない場合のことを考えてみます。

    仮に、評価が100点中の、30点だったとします。

     

    例えば、不愛想で、無口で近寄りがたいオーラを出している上司がいるとします。

     

    もし、自分のミスを、その上司がフォローしてくれたり、手伝ってくれたりしたらどうでしょう?

    評価が30点で伸びしろが大きい分、その上司の印象は、爆上がりですよね?

     

    先ほど、私の経験でのお話の、金髪=怖い人でもお話したギャップが、よりいい印象へと変わっていく例ですね。

     

    念のため…

    だからといって、敢えて、第一印象を悪くしなさいということではありません。

     

    つまり、背伸びをせずに、等身大の自分でいることが、結果としては、評価に繋がりやすいということですね。

     

    そして、印象をよくする上でも、そして、人としてすべき重要なことがあります。

     

    それは、周りの意見を、真摯に受け止めることです。

    その意見を受け入れるか否かは、それぞれですが、素直に聞く姿勢が良い印象にもつながります。

     

    弊社でも、幸せに、楽に生きるための「アドラー心理学」についてお話している動画も一緒にご覧くださいね!

     

    まとめ

    今回は、「職場での第一印象は悪い方がいいというのは本当?というテーマでお話ししました。

     

    人間は最初のイメージを本能的に重要と捉えています。

    そして、多くの情報をメラビアンの法則からも分かる通り、視覚情報から得ています。

     

    「見た目」が大事であることは紛れもない事実です。

     

    しかし、見た目を意識するあまりに、自分を大きく見せたりしたりすると、どこかで、背伸びした自分と本来の自分とのバランスが取れなくなる時がやってきます。

     

    その時に、与える印象とのギャップは、いい印象を与えた分だけ、大きく下落する可能性が出てきてしまいます。

     

    第一印象は悪い方が良いというのは、かなり極端な表現をしてしまいましたが、結論として、等身大の自分でいることです。

    誰もが、いい印象を持たれたいといった気持ちはありますが、そこにとらわれすぎないことです。

    その方が、リラックスして、結果、いい仕事、評価に繋がるはずです。

     

    印象が悪いと思われがちであっても、まだまだ十分に伸びしろがあると思い、前向きに進むことです。

    あとは、どれだけ努力して、それだけ良い印象としてのポイントを加点できるかです。

     

    そのためには、いかに短時間に、よい情報を仕入れ、知識をして生かせるかも大きなポイントだと思います。

    成果を出し続けている人ほど、勉強をしています。

     

    もっと自分を高めたい と思っているのでしたら、弊社の無料講座を受講することをおススメします。

    毎朝、自己実現のための動画をお届けします。

    1動画1コンテンツのサクッと学べる学習動画です。

    通勤時間で、学べる無料講座となっております。

     

    こちらから、登録いただけます。

    クラッシュ・コーチング朝礼

    個人の成功を応援する自己啓発チャンネル

     

     

     

     

    \ SNSでシェアしよう! /

    クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

      この記事をSNSでシェア

    ライター紹介 ライター一覧

    newspiral

      この人が書いた記事  記事一覧

      • アファメーションのやり方とコツ!もたらす効果は?

      • 転職や仕事に役立つ女性におすすめの資格8選

      • 効率良く勉強できる!効果的なインプット方法とは?

      • 自己啓発本を読む人の特徴と行動は?自己啓発本は効果がない??

      関連記事

      • 仕事が楽しくない理由は?やりがいを見つける方法

      • 効率良く勉強できる!効果的なインプット方法とは?

      • 転職や仕事に役立つ女性におすすめの資格8選

      • 「時間がない」はただの言い訳!?仕事を効率化して時間を作る8つの方法

      • 自己啓発本を読む人の特徴と行動は?自己啓発本は効果がない??

      • 日記を書くメリットと続ける4つのコツ