1. TOP
  2. 自己啓発
  3. SMARTの法則は古い!?正しい目標設定の例と4つのコツ

SMARTの法則は古い!?正しい目標設定の例と4つのコツ

 2018/03/23 自己啓発
この記事は約 18 分で読めます。

 

From.羽田野哲平

名古屋の事務所より、、、

 

僕らの会社は、目標達成にすごく力を入れています。なぜなら目標達成なしに、組織としても、個人としても成長はあり得ないからです。

具体的に何をやっているかというと、、、

  • 毎月社員全員に、マンダラシートと呼ばれる、目標達成シートを記入して徹底させていたり、
  • 毎日のスケジュールと1日も目標を記入し、フィードバックさせるブレインノートや、
  • 毎日の課題、反省点、改善策を日報に記入したり

などなど

僕らは本当に色々な施策をまず社内で試しています。10年に渡り必要な情報を分析してきた中で、目標設定の仕方が重要なのだと僕らは結論付けたので、こういうことをいくつもしているんですよね。

 

その結果僕個人が達成できたものは

 

  • 職場の同期で一番早く出世する
  • 1プロジェクトで5000万円売上を作る!(実際は7000万円売れました)
  • 趣味のテニスで大会優勝する!(市民大会と、スポーツクラブの2つで優勝しました)
  • 1年で映画を100本見る
  • ジムに週4回通う
  • レッグプレスという筋トレマシーンで120kgを上げる

などなど、、、

 

会社単位でも、例えば、

  • 年商10億円突破
  • 新卒だけで1人1億円の売上
  • 新部門の設立
  • 新卒12名の採用

などの目標も達成してきました。

 

なので、今回のブログでは、SMARTの法則に代わる正しい目標設定の例と〇つのコツをまとめていこうと思います。

 

目標を達成できる人間はたった12%しかいない

 

これは2007年にイギリスで行われた研究の結果なのですが、元旦に目標を立てた、3000人を調査した結果、達成することができたのは、たった12%しかいなかったのです。しかも、初めから叶わないと思って立てたわけではありません。52%の人は「達成できる」と自信を持っていたのにかかわらず、12%の人しか達成できませんでした。

この原因は僕らは目標設定の仕方にあると思っています。実際に目標を見たわけではありませんが、おそらく達成できなかった88%の人間はこの目標設定の仕方が間違っていたのです。

 

SMARTの法則とは?

よく言われている達成できる目標には5つの条件があります。その頭文字を取ってSMARTの条件というのですが、あなたの設定したものがこの条件を満たしているか確認してあげてください。

 

S:Specific(明確かつ具体的)

あなたの目標は10人中10人が文章を読んで全く同じ状態をイメージすることができますか? それぐらい明確かつ具体的なものにしてあげてください。

 

例)山登りをしまくる!→富士山の山頂まで登る!

 

M:Measurable(測定可能)

計測できる数字があなたの目標にはありますか? 測定できる数字がなければ、あなたの目標が達成されたかどうかは振り替えることができないですよね? なので必ず数字を盛り込んでください。

 

例)趣味のサーフィンを満喫する→週に2回以上サーフィンに行く

 

A:Achievable(達成可能)

これは意外とできていない部分だと思います。あなたの目標は願望になっていませんか? どうせ叶わないけどなんとなく大きく言っておこうという設定をしていませんか? それでは無意味です。目標は達成するためにあるのですから。

絵空事ではなく、必ず今の自分よりこれだけ多く行動すれば達成できるという設定をしてあげてください。

 

例)ライブを成功させる→ライブチケット100人完売させる

 

R:Relevant(適切)

その目標は本当に達成したいですか? 目標を達成するための行動はそんな簡単なことではありませんよね。だったら、達成したいと本気で思えないようなことは頑張れないですし、やりたいと思えないんですよね。なので、あなたが目指すべきものかどうか、適切なものかを見定めてください。

 

例)人に伝わる文章を極める→人に感謝されるために文章で毎回5人からコメントがもらえるようにする

 

T:Time-line(期限)

あなたの目標には期限はありますか? 明確にいつまで。できれば20○○年〇月〇日〇時〇分までというぐらい細かく期限を決めてください。先ほども言いましたが、人間は締め切りがないと動けません。なので必ず期限を明記してください。

 

例)デザインをマスターする→月末までPhotoshopの参考書30P までの操作を見ずにできるようになる

 

こういった方法がよくある定説なのですが、これだけではいけないというのが今回のお話になります。

なぜSMARTの法則が古くなってしまったのかを順番に解説していこうと思います。

 

 

間違った目標設定の仕方

まず、問題なのですが、このなかで達成できる目標は何個あると思いますか? 一緒に考えてみましょう!

  • 仕事のスピードを速くする
  • 今やっていることのテーマを深く理解する
  • 顧客満足度を高める!
  • タイピングを速くする
  • 緊張感を持つ
  • 商業出版をする
  • 人を感動させるブログを書けるようになる
  • 早寝早起き
  • コピーライティングで人の行動を促す
  • マンガ家になる
  • 営業成績でトップになる

 

など、よくありそうな目標をいくつか書き出してみました。

この中で、達成できるかどうかはもう見た瞬間にわかります。どれだかわかりますか?

 

 

僕は、「営業成績でトップになる」以外には叶わないと思います。これも本当はもっと深堀すべきですけどね。

 

達成できる目標と達成できない目標は何が違うのかというと、最低条件は第三者から見て達成できているのか、達成できていないかがポイントです。人によって基準があいまいになるようなのは目標設定の仕方としては最悪です。

 

それぞれ何が悪いのかというと

 

【どれくらいを目指しているのかがわからない】

  • 仕事のスピードを速くする
  • 今やっていることのテーマを深く理解する
  • 顧客満足度を高める!
  • タイピングを速くする
  • 早寝早起き
  • マンガ家になる

 

【何を目指しているのかわからない】

  • 緊張感を持つ
  • 商業出版をする
  • 人を感動させるブログを書けるようになる
  • コピーライティングで人の行動を促す

 

ざっくりわけるとこうですね。では、どうやってやるのが目標設定の仕方として正しいのか順番に見ていきましょう。

 

正しい目標設定の仕方の4つの手順

正しい目標設定の仕方はこの4つの手順に沿っていくことで達成できる目標になります。

今回は手順を説明しながら、

  • 仕事のスピードを速くする
  • 早寝早起き
  • 人を感動させるブログを書けるようになる

の3つを達成できる形に変えていきます。

 

具体性をつける

 

まず、目標は具体的でなければいけません。つまり、数字を入れてください。数字を入れれないということが目指しているものが明確ではないということです。数字が入れれるようになるまでしっかり考えてみましょう。

 

先ほどの目標に具体性をつけるとこうなります。

  • 今は2時間残業しているので、仕事を残業なしで終われるようにスピードを速くする
  • 毎朝6時30分に起きて、11時までに寝る
  • ブログを書いたら読んだ人が肯定的な反応を直接もらえる、またはコメントが1件以上つくようなブログを書けるようにする

先ほどよりも具体的になりましたね。

ですが、これだけでは達成できる形ではありません。

次にやるべきなのは、、、

 

期限をつける

目標の期限を決めましょう。人間は〆切がないと動けない生き物です。僕は夏休みの最終日に一気にやるタイプだったので、期限の重要性は痛感します(笑) 9月1日に提出って決まってなかったら、夏休みの宿題なんて絶対にやらないですよね(笑)

 

なので、目標には達成する期限を決めましょう!

 

  • 3月31日までに、今は2時間残業しているので、仕事を残業なしで終われるようにスピードを速くする
  • 4月15日までに毎朝6時30分に起きて、11時までに寝る習慣をつくる
  • 4月30日までにブログを書いたら読んだ人が肯定的な反応を直接もらえる、またはコメントが1件以上つくようなブログを書けるようにする

 

一気に、この日までにやるんだって現実感を帯びてきましたね、、、

多くの人はここまでは結構やっています。ということはですよ。つまりこの程度に設定では達成できないということです。

 

次にやるべきなのは、、、

 

1つの目標に対して、必要な要素を書き出す

目標はあくまでゴールです。サッカーで例えるならまだ「タイムアップまでに1点決めるぞ!」って宣言しただけです。絶対点決めれないですよね?(笑)

 

では何が必要かというと、必要な要素を整理しなければいけません。

 

サッカーで1点決めるのに、パス回しも、ドリブルも、シュートも、陣形も、色んな要素が絡み合いますよね? ※すみません、あんまりサッカーが詳しくないのでもっとあるかもしれないのですが、あんまり出なかったです。

 

要は目標達成のために必要なプロセスを明確にしなければいけないのです。

大目標:1点決める

 

中目標:

  • パス回しで相手の守備の最終ラインまで持っていく
  • 半分の確立で抜けるので、ドリブルで守備を抜くチャンスを6回作る
  • 決定率が4割なので、シュート本数を3本作る

 

みたいに中目標を決めてあげます。

 

この要素を加えるとこうなります。

  • 3月31日までに、今は2時間残業しているので、仕事を残業なしで終われるようにスピードを速くする。今、残業している原因は、タイピング速度が遅い、何をやればいいのか指示待ちをしている時間が長い、一人で悩んで結局違うことをしてしまっていることがある。なので、タイピング速度を測定のゲームでAクラスまで3月24日までに達成する。やるべきことをリストアップしておく。5分以上悩んだら上司に相談する。

 

  • 4月15日までに毎朝6時30分に起きて、11時までに寝る習慣をつくる。なので、寝る1時間前には食事を取らない。10時以降の誘いは断る。10時までにお風呂に入る。

 

  • 4月30日までにブログを書いたら読んだ人が肯定的な反応を直接もらえる、またはコメントが1件以上つくようなブログを書けるようにする。書く前にその分野の本を1冊以上読む。WEBサイトを10記事以上見る。文章力を上げるためのトレーニングをする。

 

ここまで決めると達成できそうですね。これでもできますが、さらに細分化できるとさらに明確にできます。

 

1日ごとの目標に細分化する

先ほど決めた中目標をさらに1日ごとの小目標を決めてあげましょう。

 

  • 3月31日までに、今は2時間残業しているので、仕事を残業なしで終われるようにスピードを速くする。今、残業している原因は、タイピング速度が遅い、何をやればいいのか指示待ちをしている時間が長い、一人で悩んで結局違うことをしてしまっていることがある。なので、タイピング速度を測定のゲームでAクラスまで3月24日までに達成する。毎日13時からの10分間を使って、タイピングゲームをやる。やるべきことをリストアップしておく。そのリストを元に朝礼終わりの10分間を使ってスケジュールを立てる。5分以上悩んだら上司に相談する。

 

  • 4月15日までに毎朝6時30分に起きて、11時までに寝る習慣をつくる。なので、寝る1時間前には食事を取らない。10時以降の誘いは断る。10時までにお風呂に入る。

※これはこのままでいけそうですね。

 

  • 4月30日までにブログを書いたら読んだ人が肯定的な反応を直接もらえる、またはコメントが1件以上つくようなブログを書けるようにする。書く前にその分野の本を1冊以上読む。1記事を2日かけて書くので、毎週3冊の本を読む必要がある。月曜、火曜は本を読む時間を作れるので、お昼を食べたあとの6時間を使って本を読む。WEBサイトを10記事以上見る。これはすぐにできるので、ブログ記事を書くテーマが決まったときに見る。文章力を上げるためのトレーニングをする。文章力を上げるために必要なのは、人と話をすることなので毎週金曜日は人と話す時間を1時間取るその際にブログの内容を話す。

 

という感じです。随分と長くなりましたが、ここまで決めれば、いつ何をやればいいのかが明確になりますよね? ここまでやってようやくスタートできます。

 

目標設定を数値化するコツ

それでは、目標設定を数値化する必要性は伝わったと思いますので。そのコツについてお話しようと思います。コツは2つです。

 

最終ゴールから逆算していく

まずは大きな目標を決めます。これは、あなたがどうしても達成したいことです。そして、これを達成することができたらいいなというレベルではありません。やっていて楽しくてしょうがないぐらいの設定をしてあげてください。

 

そして、そこから逆算して、大きな目標を達成するためにはまず何が必要なのか。そしてその何かを達成するためには。とドンドン落とし込んでいきます。そして、今日やることができるぐらいの行動レベルになるまでそれを繰り返してあげてください。例を挙げると、、、

 

  1. 10日後のセミナーに100人集客する
  2. 1日10人を集客する
  3. 1日10人を集客するために○○という施策をやる
  4. ○○という施策をやるために、今日の18時まで動画を見る
  5. 動画を手に入れるために12時まで探す

 

みたいな感じに今日1日の行動が見えてくるまでに落とし込んでいってください。そうすれば自然と具体的な数字で表現できるようになってきます。

 

10人に聞いても同じ答えの返ってくるぐらい明確

そして、ここで挙げる目標は、明確でなければいけません。明確ではないことは意味がありません。あなたにしかわからないこと、曖昧な基準では、いくらでもサボることができますからね。

 

あなたが絶対にサボれないように、10人が聞いても同じ答えが、返ってくるぐらいに明確に数値化してあげてください。

 

では、どうすれば、それほど明確になるのか。

ある基準に沿ってやればいいのでそれをやってみてください。

 

数値化された目標設定の例

数値化された目標の例はどんなものか紹介しようと思います。

これは以前僕が立てた一例です。

 

大目標:Facebook広告で1リスト800円以下で100リスト獲得する

  • Facebook広告のリスト獲得単価のデータを毎朝9時に集計する
  • 1日1000円からスタートし、獲得単価が800円以下で24時間を経過したら投資金額を倍にしていく。
  • 獲得単価が1000円を超えたら即出稿停止、変更をし再出稿を行う

 

という目標設定を行い1カ月間行った結果、1リストの獲得単価は751円をキープしながら、バックエンドを1万円の投資で105万円を3件売ることができました。

 

目標設定を数値化するメリット

まず、あなたには色々な達成したいことがあると思います。ですが、それは目標設定の際に数値化しないと絶対に達成できません。なので、まずはそのメリットについてお話しようと思います。

 

 

達成したかどうかがわかる

達成したかどうかがわかるということは非常に重要ですよね? だって、あなたは達成するために目標設定をしているのですから。ですが、多くの人は達成したかどうかが非常にわかりずらいです。

 

あなたはこんな目標を立ててませんか? 一部例を紹介します。

  • 山登りをしまくる!
  • 趣味のサーフィンを満喫する
  • ライブを成功させる
  • 人に伝わる文章を極める
  • デザインをマスターする

これは最悪です(笑) なぜかわかりますか? そう、達成したかどうかが全くわからないからです。

 

  • 山登りをしまくる!←どれぐらいするの?
  • 趣味のサーフィンを満喫する←満喫ってどれくらい?
  • ライブを成功させる←成功ってなに?
  • 人に伝わる文章を極める←極めるとは?
  • デザインをマスターする←マスターとは?

ってなりますよね。

目標は絶対に100人に聞いて100人が「達成できているか」「できていないか」同じ答えを出せなければいけません。

 

今何をどれだけやるのかがわかる

目標設定を数値化できるとこれが一番のメリットだと思います。今何をやるべきかがわかるのです。

例えば、10日後のセミナーに100人集客したいなら、単純計算で1日10人を集客できないといけないですよね?(厳密に言うともっと波があると思いますが) なので、今日は10人を集めないといけないということが見えてきますよね。

 

でも、例えばこれが数値化できていないと、何人集めればいいのかが全くわからないので、今何をどれだけやるべきなのかが全くわからなくなってしまいます。

 

目標に対して遅れているのか進んでいるのかがわかる

そして、これは先ほど挙げた話に通じる部分なのですが、数値化できると、目標に対して遅れているのか、進んでいるのかがわかるようになります。

 

1日10人集客目標で、今日は12人集めることができたのならそれは進んでいますよね。でも8人なら急いであと2人を集める策を講じないといけません。目指すべきものが明確だからこそ、今日やるべきことがわかるようになります。

 

でもこれが、「セミナーにいっぱい集客する!」みたいな目標なら、今日、今この段階で、進んでいるのか、遅れているのかがわかるようになりますよね。なので、行動ができるようになります。

 

結局のところ、設定したものを達成できるかどうかは、どれだけ行動を適した量積み重ねることができるかどうかです。ですが、人は行動指針がないと絶対に行動はできません。僕もそうなのですが、締め切りギリギリまでしか動けないですよね(笑)

 

なので、まずは今日の目標を数値化してあげることが達成のための第一歩になります。

 

PDCAサイクルを回すことまで想定する

そして、最後に大事なことを伝えたいのですが、ここまで頑張って立てた目標達成のプロセスは絶対に上手くいきません。

 

えっ、騙された、、、

 

なんて言わないでくださいね(笑)

最初から立てた目標とそれに必要なことが達成できるなんてありえません。絶対にズレや、できないこと、簡単すぎることが出てくるんですよね。

 

それを修正していく必要があるのです。目標は立てた段階がスタートです。

聞いたことがあるかもしれませんが、ここからPDCAサイクルを回していく必要があるんですよね。

 

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは、

Plan:計画
Do:実行
Check:評価
Action:改善

の略です。

 

  1. まず計画を立てる
  2. それを実行する
  3. 何がダメだったか、よかったか評価する
  4. 改善していく
  5. そして、それを元に計画を修正していく

 

を繰り返していくことがPDCAサイクルです。

 

PDCAサイクルが重要だよということは知っていても、目標設定の段階でPDCAサイクルを意識している人は非常に少ないです。そこでサボると達成できません。

 

なので、実行して修正していく過程まで必ず意識してください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

PDCAサイクルを回すところまで意識して目標を設定していくことこそ、正しい目標設定の仕方になります。

 

あなたが、結局絵に描いた餅のような目標設定しかできていないのは非常にもったいないと思いませんか?

  1. まずゴールを決める
  2. 必要な要素を書き出す
  3. 1日の行動に落とし込む
  4. それを元にPDCAサイクルを回す

この手順を元に、ぜひ正しい目標設定の仕方を覚えて実践してみてください。

 

PS

今回のブログを読んで、目標ってなんだか、ごちゃごちゃしてよくわからないな、、、って思う人はこれを整理できる目標達成シートの正しい書き方をまとめましたのでこちらの合わせてご覧ください。

 

【徹底分析】目標達成シートの正しい書き方と目標を達成できない人の2つの特徴

 

 

 

今回僕が書いたブログが面白いと思った方はこちらからLINEで友達になると、毎朝7時に僕が書いた自分を高めるためのブログをお届けしています。僕の書いたブログを読んで1日をスタートさせてもらう習慣をつけてくれれば、必ず少しずつ自分を変えることができる大きなきっかけになるはずです!

 

LINEの友達にしかお渡しをしていない秘密のブログや解説動画の配信もありますので、今回のブログが面白かったという方はLINEの友達になっておくことをオススメしますよ~!

↓ ↓ ↓

友だち追加

※友達になるにはこのボタンをクリックするだけ!

PCからご覧の方はこちらのQRコードを読み取ってくださいね↓

 

 

※ブログの感想なんかもLINEで教えてくれると嬉しいです(^^♪


========================


★今回のブログはいかがでしたか?
 
 
 
面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
 
 
 
ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
 
また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
 
お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




\ SNSでシェアしよう! /

クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

羽田野哲平

株式会社Newspiral
プロジェクトリーダー/主任
マーケッター/セールスコピーライター


2009年6月創業、年商20億を迎える名古屋No1のプロモーション会社である株式会社Newspiralの主任を務め、入社半年でたった一つの商品で売上7900万円を達成。

その後、筆頭コピーライターとしての地位を確立。しかし、学生時代は優秀な方ではなく、学校に上手く馴染めずに、学校にもほぼ行かずにゲームセンターに通う日々。なんとなく流れで大学に進むもやりたいことも特にないので、1年を何の収穫もなく無駄にしてしまう。大学2年次に「このままじゃだめだ!」と一念発起し、図書館に通う日々を過ごし、1年間で1000冊以上の本を読む。

そこで、自分の進むべき道は文章の世界にあると感じ、大学在学中に小説を書き上げ、その小説が300人以上在籍する大学の中で1番の小説に選ばれ、表彰される。

その後、自分の文章能力を活かせる道はないかと探す中で、株式会社Newspiralの代表である鳥居と出会う。鳥居の人柄、マインドに惹かれ入社を決意し、プロモーション業界の道を進み始めた。始めは月に5万円の売上も満足に上げることができなかったが、株式会社Newspiralという、多くの著名人、有名経営者と共にビジネスができる環境の中で「本当に結果の出るライティング」を研究し、入社半年でたった一つの商品を販売し、売上7900万円を達成。

WEB媒体。特に電子書籍、ブログ、YouTube、メルマガ、LINE@、Facebook広告なども活用し見込み客を集めるマーケティング戦略と、単価100万円~500万円の高額商品を売る対面でのセールスが得意。Facebook広告を使えば、初挑戦で3万の広告費で210万の売上をあげ、19年2月にはたった1週間の期間で、80万の広告費で1480万の売上を叩き出した。その経験を元に処女策となる『予算が少ない人のためのFacebook広告運用ガイド【2019年最新版】』を出版。AmazonのKindle内で販売されている全ての無料本の中で”1位”を獲得。

常時売上5000万~1000万のプロモーションを連発し、コンスタントに株式会社Newspiralの売上を伸ばし続け、22歳という若さでプロジェクトリーダー、翌年には主任という立場になり、常に10人以上の部下を抱えて指導しながら、今も現場の最前線で売上を伸ばし続けている。

2009年6月創業、年商20億円を超える株式会社Newspiralの裏側をすべて知るプロジェクトリーダーだからこそ語ることができる秘密もLINE友達限定でお届けしています。起業家が売上を上げるために重要な成功マインド、マーケティング・セールスの知識、コピーライティングの技術などを解説する動画も毎朝お届け中。

売上を上げるヒントを知りたいという方は「友達追加」のボタンをクリックしてLINEの友達になり受け取ってくださいね。


その他、情報媒体はこちら

◆YouTubeチャンネル
『個人の成功自己啓発研究会 クラッシュコーチングチーム』

◆不定期メルマガ
『株式会社Newspiral筆頭マーケッターマガジン 』

◆Amazon著作一覧
『羽田野哲平』出版書籍一覧

◆執筆ブログ一覧
「個人の成功自己啓発研究 クラッシュコーチングブログ」

「年商1億円突破の仕組み ザ・マーケティングブログ」

「セールスを一切不要にする販売戦略 ハイパワーセールスブログ」

この人が書いた記事  記事一覧

  • Facebook、Instagram、Messengerで通信障害!?ログインできない状態にならないためには?

  • メルマガの始め方は?おすすめの配信システムと書き方のテンプレート

  • 生産性を上げる時間管理のコツ

  • セルフブランディングをブログや動画で確立する3つの方法

関連記事

  • やる気がでない原因と仕事ができる人のスランプ脱出法は?

  • ビジネスマンなら知っておきたい効率のいい情報収集の方法とアプリは?

  • 目標達成には必須!諦めない心を手に入れる方法

  • 漫画は読書に値する。読むことで現れる脳への効果は?

  • 億万長者の2割だけが実践している3つの思考法

  • 日記を書くメリットと続ける4つのコツ