1. TOP
  2. 自己啓発
  3. ビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!

ビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!

 2018/11/14 自己啓発
この記事は約 12 分で読めます。

    こんにちは、

    ニュースパイラルの髙野です。

     

    このタイトルに惹かれ、ブログを読んでくださっているあなたは、あなたは読書の重要性を感じてはいるけれど、忙しさなどで、上手く読書の時間を設けられていないのではないでしょうか?

    今回は、そんなビジネスマンのための読書術と、ビジネスマンが読書をするメリットをまとめました。

    ビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!お楽しみください~

     

     

    読書をする時間がない?

    あなたは日々の忙しさを言い訳に、本から遠ざかっていませんか?しかし、このブログを読み進めてくれているということは、それでも読書の重要性を知っていて、読書をしたいと考えているんですよね。

    しかし、何をするにも「忙しくてできない」と言って色んなことを諦めてしまう人は何もできません。

     

    何を習慣づけるにしても、初めは少し無理をしなければならないのです。なので、少し疲れていても、忙しいと感じても、あなたが全く本を読む習慣がなかったら、一日5分からでも読書を始めてみて欲しいです。

     

    忙しいビジネスマンのための読書術

    いろんな読書術というのがありますが、今回ここで ご紹介させていただくのは、ビジネスマンのための読書術ということで、ビジネス書に特化した読み方を紹介していこうと思います。

     

    始めから読まない

    これは、私が本を読んでいて、出会った言葉なのですが、「ビジネス書を頭から読む人は混乱している人」という文章がありました(笑)

     

    私は、結構この「混乱している人」に当てはまる質ですし、本は何でも頭から最後まで読まないと、気持ち悪いと感じてしまう方でした。しかし、ビジネス書を読む目的は、何かのスキルアップや、ノウハウを習得するため。

     

    決して、小説のようにあたまから読まないということです。

    自分の欲しかった答えが見つかればたった1章読んだだけで閉じてしまっても何ら問題ないのです。

     

    そして、そのことを意識してから、ビジネス書を読むスピードが格段に変わり、それなのにすごく読書の質が上がりました。

    どうしてもビジネス書であっても頭から読まないと気持ち悪い、気が済まない、、と思っている方でも、一度目次を開いて自分に必要と思う部分を目次から探してみて、その部分だけ読んでみてください。読書へのハードルが下がり、より効率的な読書ができるようになりますよ。

     

    本閉じたら即行動

    ビジネスマンのあなたはそもそも何のために本を読みますか?仕事に活かすため、生活をより良くするためではないでしょうか?

     

    でしたら、本を読んで、ああ、いい話を聞いたな。次は何の本を読もうかなと思っているのではだめなんですよね。あなたがビジネスマンであるなら、決して暇ではないはずです。それなのに、本を読むことに時間を割き、しかも、それを何にも役立てない(笑)損なもったいない話はありません。

    ビジネス書を読むからには、何か一つでもそこから盗まなければなりません。それができないとあなたは良い本を読んだと言えませんし、時間とお金を使って無駄なことをしただけと言えます。

    なので、ビジネス本を一冊読んだら、その中からひとつでも自分ができることを探して、即行動するのが、ビジネスマンのビジネス書の読み方です。

     

    ビジネスマンが読書をするメリット

    では、ここからは、ビジネスマンが読書をするメリットをご紹介していきますよ!

     

    語彙力が身につく

    単純に語彙力のない大人って恥ずかしいですよね(笑)しかし、本を読んでいれば、当たり前ですが、たくさんの言葉に出会いますし、勉強になります。

     

    一人前の大人として、いろいろな言葉を知っておくことはマストではないでしょうか?

    普通に本を本でいてもわからない言葉って出てくるものです。そして、それをなんとなく読み飛ばしていては、語彙力は鍛えられませんが、ちゃんと意味を調べたりしていれば、自然と語彙力は鍛えられていくでしょう。

     

    コミュニケーション能力が高まる

    理解力が鍛えられて、相手の言っていることを汲み取りやすくなる。

    反対に相手に何かを伝えるときにも、相手にわかりやすい言葉を選ぶことができるようになり、コミュニケーションがスムーズになります。

     

    さらにこういったコミュニケーションがスムーズになるといういことで、「話しやすい人」というイメージを持ってもらえる様になり、周囲に好かれる存在にもなるでしょう。ビジネスにおいて、好かれている人の方が、有利なのは少し考えたらわかりますよね。同じものを売っていたにしても、話しにくい人と、話しやすい人どっちから買いたいですか?

     

    そして、その話しやすいというのは、一度商品やサービスを選んでもらったあとでも、つながりを維持しやすいですよね。

     

    ストレス解消になる

    あなたはストレスフリーの生活を送っているでしょうか?現代の日本で生活していて、それはちょっとむずかしいのではないでしょうか?

    ここでご紹介するメリットは、ストレス解消になるというものなのですが、読書とストレスの興味深い研究結果ございますので、そちらをご紹介させていただきます。

     

    イギリスのサセックス大学の研究チームが、どのような活動がストレスの軽減に役立つのかについて調べる実験を行いました。活動の種類別に、心拍数の低下や筋肉の緊張緩和の程度を調べ、ストレスの軽減度合いを計測したのです。

     

    まず結果から申し上げますと、音楽鑑賞が61%、コーヒーを飲むことが54%、散歩をすることが42%、ゲームが21%の軽減効果を見せた中、読書は68%とおよそ7割ものひときわ高いストレス軽減効果を持っていることが分かりました。

     

    そして、読書がどうして、そんなにもストレスの解消に力を持ったのかというと、読書をすることでストレスの原因となる現実のことから気持ちが離れ、本の内容に没頭することができるからです。

     

    確かに、私でしたら、なにか嫌なことがあったとして、コーヒーを飲むことにしても、コーヒーを準備している最中も、飲んでいる最中も、ずっとそのことを考えてイライラが収まることはないと思います(笑)

     

    人間の脳は、ストレスを受けると扁桃体が興奮し、ネガティブな発想が活発に引き起こされるそうです。しかし、読書をすることで、何かに没頭すると扁桃体の活動が鎮められ、鎮静効果が生まれるのです。さらに、それだけでなく、本を読むという行為は人間の共感力を活発にする働きもあります。なぜ共感力が活発に働くのかというと、ほんの中に出てきた主人公に感情移入をしたり、ほんの中の人間関係を気にしたりするから。そして、人間は無意識であってもコミュニケーションを求める生き物であり、「孤独を感じる」ということは、多大なるストレスになります。なので、そこで、本がもたらしてくれる共感体験は、ストレスの解消に非常に大きな効果があるのです。

     

    私も強いストレスを感じると、活字を読みたい!という衝動に駆られることがあります。そして、そこから狂ったように読書をすることがあるのですが、理にかなった行動だったのだと、この研究結果を知って少し安心しました(笑)

    本を読んでいる間に気持ちが収まって、またもう少し経ってから考えるということもできます。ずっとそのことを気にして、なにかするのにえいさんせが

     

    想像力が豊かになる

    ビジネスというと難しく考えすぎてしまう人がいますが、所詮対人関係です。その対人関係で大切なってくるのが、信頼や期待の上でものを売る。そしてその対人関係大切なビジネスにおいても読書は非常に力を発揮するのです。

    人とうまくやっていくためには、相手の気持ちを想像することが大切です。その想像力を養うということにおいて、読書はもってこいのものなんです。

    小説なんかを読もうとすると、1シーンを構成する一文一文頭に思い浮かべながら、読み進めていく必要があるので、必然的に想像力が必要になりますよね。確かに、本を読むよりも、映画を見るほうが楽だと思って本離れしてしまっている方はいると思います。そして、確かに文字を一つ一つ追って、それを文章一つで頭の中で想像しなければ行けないというのは、疲れます。

    しかし、そういった利便性ばかりを追い求めていると、自分で考える必要がどんどんなくなってしまい、想像力に欠ける人間になってしまいます。そして、想像力が乏しいと、相手の気持ちがわかってあげられなかったり、相手の傷つくことを言ってしまったり、対人関係において致命的なことをしてしまいます。

     

    ピンチを乗り越える知恵と勇気を貰える

    人は、本を読むことで、いろいろな人の人生を疑似体験することができます。ときには、極道あがりの先生、学年一の美女、指名NO.1ホステスなどなど。

     

    しかし、あなたの一人の人生で体験できることなんて、本当にごく僅かです。なにかにつまずいたとき、あなたのその少ない経験の中からピンチを乗り越える知恵や勇気を探すには、非常に心もとないとは思いませんか?しかし、本を読むことで、あなたはいろんな立場の、いろんな状況下に置かれた人の経験を疑似体験することができるのです。

    あの本のあの一節に救われてここまでやってきた。そんな人は、少なくはありません。

     

    スラムダンクで安西先生が放った「諦めたらそこで、試合終了ですよ」という言葉に、一体日本国民何人が勇気をもらい、諦めることをやめたでしょう。本には、そういった勇気をくれるものもあります。賢くなる、物知りになる。そういった効果だけでなく、心の面での成長も望めるのも読書のいいところです。

     

    人と繋がることができる

    本好きの人は、相手がどういった本を読むのか、知りたいものです。私も、本を読むのが好きなのですが、少し人に興味を持つと、どんな本を読んでいるのか、つい聞きたくなってしまいます(笑)人のお家に遊びに行かせてもらっても本棚を見せてもらうのがとても好きです(笑)(変態みたいに思わないでくださいね笑)

     

    そして、その人が読んでいる本を知ることで、その人の思想や、好みが大分わかりますよね。そういったものが表れる本の話をすると、同じ本が好きだったり、興味がある本を読んでいたりすると、それだけで、ずいぶんと打ち解けてしまったりするものです。

     

    ビジネスでも人と仲良くやっていくこと、相手の好みやニーズを知ることは非常に大切ですよね。

    本を共通の趣味に持つと、初対面でも仲間意識が生まれたり、仲良くなれたりするものですよ。本好きの連帯感って意外とあるものです。たとえ、全然普段自分の読むものと真逆のものを読んでいたとしても、本というだけで、話を聞いてもらえたり、逆に興味を持ってその人の話が聞けたりして、本は、まさに人と人とを繋いでくれる道具にもなり得るのです。

    それは、お客さんとでも、一緒にビジネスをやっていく上でもそうです。

     

    自分のことが 理解できるようになる

    これはまた意外かもしれません。本を通して、いろんな気持ち、言葉に出会うので、他人の気持ちを理解する力がつくというのはわかりますが、意外にも本は、自分自身を理解するのにも力を貸してくれます。

    本を読んでいて、わかるわかる!と思ったことはありませんか?普段ボヤッと思っていたことに本を読んでいて、そこに言葉が与えられることで、自分が何を言いたかったのか、何を考えていたのかを把握することができ、スッキリするという経験です。相手が何を考えているのかわからなくて、ついカッとなって喧嘩してしまう、、よく聞く話ですが、自分自身の気持ちをしっかりと把握していない人も本当に多いです。

    自分自身が何をしたいのかわからない。何が原因化はわからないけれど、イライラする、、 相手の気持ちがわからなくて、悩めば最悪相手にどうしたのか、何が悪かったのか、聞くことができますが、自分の気持が理解できないというのは、自分とひたすら向き合うしか取れる方法がないです。しかし、その嫌な自分、問題のある自分と向き合うのって、結構気の滅入る作業なんですよね。

     

    しかし、そこで、本を読んで、本の中に自分と同じような境遇に置かれた人に感情移入して、ああ、私はこんなことを思っていたんだと気づく人は多いです。何をしてもしっくりこない。自分の気持がわからなくなったとき、意外と本な中に答えって載っていたりしますよ。

     

    一人の大人として、自分がどうなりたいのか、何をしたいのかを把握しておくべきだと思います。私も自分が迷ったとき、何をしたいかわからないときよく本を開きます。

     

    自分がどうしたらいいのか、何がしたいのかわからなくなったときは一度本を開いてみてはいかがでしょうか?

     

    質のいいアイデアが浮かぶようになる

    次にご紹介するのが、質のいいアイデアが浮かぶようになるということです。

    これまたビジネスにおいては、アイデアってすごく大切ではないでしょうか?会議の場などでアイデアを求められたり、、というのは本当に多いと思います。

     

    そこでも、読書の力が生かされるのです。

     

    本で、今まで蓄えて来た知識はあなたの中に蓄積されます。そして、いままで蓄えてきたそれを自分で考え組み立て、あなたオリジナルのアイデアを作るのです。

     

    アウトプット前提で、インプットすればもっとレベルの高い読書ができるようになりますよ。

     

    次の展開の先読みができる

    小説などの本を読むときは次の展開などを予測しながら読み進めていくと思います。そうすることで、次の展開を予測する力がつくようになり、展開を即する力というのは、ビジネスの世界でも大いに役立ちます。これをしたら早く仕事が片付く、これを言ったら面倒なことになりそうだ。といった具合に物事を考えることができるようになります。

    展開がわかるとそれに備えて、準備することができます。

     

    まとめ

    はい、今回はビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!といテーマでお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

     

    私自身、本好きなので、このブログを書いていて非常に楽しかったです(笑)

     

    今本を読む習慣がない人は、新しく本を読む習慣をつけて欲しいですし、今もうすでに本を読む習慣がある人は、その読書をより質のいいものにしていって欲しいです。

    ここまで読んでくださってありがとうございます!あなたの読書ライフを充実させてくださいね~

     

    ではでは、また他のブログでお会いしましょう~

     

     


    ========================


    ★今回のブログはいかがでしたか?
     
     
     
    面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
     
     
     
    ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
     
    また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
     
    お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




    \ SNSでシェアしよう! /

    クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

      この記事をSNSでシェア

    ライター紹介 ライター一覧

    newspiral

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 転職や仕事に役立つ女性におすすめの資格8選

      • 効率良く勉強できる!効果的なインプット方法とは?

      • 自己啓発本にハマる人の特徴と行動は?実は自己啓発本は意味がない!?

      • 手帳の使い方次第で仕事ができる人になれる!

      関連記事

      • 職場での第一印象は悪い方がいいというのは本当?「人は見た目が9割」との比較

      • ポイントは相手を動かす。選ばれるプレゼンをするために考えたいこと

      • ポジティブな人がやっている言葉の言い換えの実例25つ!

      • 色が感情に与える影響と効果とは?

      • 仕事ができる人は空気を読まない?空気を読むことの必要性とメリット・デメリット

      • 仕事のストレスを解消するための2つの思考