1. TOP
  2. 人材育成
  3. 報連相がうまくできない原因は上司!?報連相の本当の目的と方法は?

報連相がうまくできない原因は上司!?報連相の本当の目的と方法は?

 2018/07/04 人材育成
この記事は約 8 分で読めます。

From.羽田野哲平

名古屋の事務所より、、、

 

こんにちは、ニュースパイラルの羽田野です。

今日は、報連相についてお話をしようと思います。

 

僕はまぁ所謂スピード出世をしたので、新卒2年目から直属の部下を6人持つことになりました。何も知らない新入社員を一人前に仕事をできるようにするためには、本当に色んなことが必要になります。なかでも苦労したのはこれです。これを徹底させるってやっぱり難しかったです。

 

ですが、弊社には、上司と部下の関係を構築する専門家の先生もたくさんいるので、様々な方から教わった方法を今回ブログにまとめていきたいと思います。

 

実は、報連相がうまくできないのは部下ではなく、上司に原因があるのです。この本当の目的と方法についても今回のブログではまとめていきますね。

 

報連相とは?

まずは、この定義を改めてはっきりさせましょうか。

報連相とは、「報告」「連絡」「相談」の略です。それぞれの意味を整理すると、

報告:進捗、結果報告

報告とは、自分が取り組んでいる仕事の進捗や状況、結果を上司に伝えることです。これがないと、上司は依頼した仕事が今どんな状況なのかがわからないので、部下が困っていたとしても手助けしてあげることができません。

連絡:情報の共有

連絡とは、仕事の関係者に共有すべき情報を共有することです。追加の情報があることで、仕事の判断基準が大きく変わることがあります。なので、連絡がないと、仕事の取捨選択を大きく間違えてしまう可能性もあります。

相談:アドバイスを求める

相談とは、自分一人ではできないものについて、アドバイスや助けを求めることです。一人で悩んで結局できないでは仕事として何の価値もありませんよね。なので悩んだときにはすぐに相談できる関係にならなければいけません。

 

 

以上が、定義です。では、本当の目的はなにかご存知でしょうか?

 

報連相の本当の目的とは?

本当の目的は、ズバリ相手と共有することです。よく、報告すればいい、連絡すればいい、相談すればいいと思っている方がいますが、それは違います。あくまで相手に共有するためにやっているので、行動としてやっていたとしても「それ聞いてないよ」と言われるのであれば、できていないということになります。だからこそ、相手に正しく伝えることができる方法を身につけないといけません。

 

そして、共有するのはそれぞれ、

  1. 報告=”過去”の共有
  2. 連絡=”変化”の共有
  3. 相談=”問題”の共有

 

です。これを漏れなく正しくできる方法をにつけていきましょう。

 

報連相がうまくできない4つの原因

まず、うまくできないと悩む人には4つの原因があります。

 

報連相をしないことで起きる問題をイメージできない

複数人で動く場合、情報の共有は本当に重要です。その情報ひとつで大きくビジネスが動くことだってあります。それを怠れば当然、大変なことになりますよね? でもそれをイメージできない人は非常に多いです。なので、重要性を伝えるだけでなく、怠った場合に起こることなど社内で起こった実例を通して話をしてあげてください。そうすれば、しないと大変なことになるんだと意識することができるようになります。

 

上司に話かけずらい

これは結構多いかもしれませんね(笑)部下と上司との信頼関係がなければ積極的に話なんてしませんよね? または話しかける度に怒られるような人なら、近寄りたくないですよね? 仕事以外の話を積極的にするなどして信頼関係を作ってみてくださいね。

 

ルールがない

どのタイミングでやればいいのかを数字で明確にすることができないのであれば、徹底することなんてできません。

なので、○○が起きた場合は報告、○時に報告会をするなどのルール決めをしてあげてくださいね。

 

一人で悩む方が楽だと思っている

相談することができない人は、一人で悩むことを素晴らしい、一人の方が楽だと思っている可能性があります。当然ですが、そんなことはありません。一人でやったところで、できないことはできないですし、できることも時間がかかります。

 

一人で悩まずに、やった方が楽ですし、いいアイデアもでます。だからこそ、人を存分に頼っていきましょう。

 

これらがうまくできない人の原因です。

そして、その人にはいろんなタイプがあります。そのタイプに分類して解決策を考えていきましょう。

 

報連相がうまくできない人が言われがちな9つのフレーズ

そして、うまくできない人がどのタイプに当てはまるのかを考えるために、あなたが部下ならどのフレーズをよく言われるか、またはあなたが上司なら部下にどんなフレーズを言ってしまうかを考えてみてください。

  1. 「あの件どうなった?」
  2. 「それは何の話だっけ?」
  3. 「だったらもっと早く言ってくれればいいのに」
  4. 「そんな話、俺は聞いていない」
  5. 「言葉が足りない」
  6. 「あなたはどう思う?」
  7. 「結局、何が言いたいの?」
  8. 「で、どうしたいの?」
  9. 「そんな細かいことを言われてもわからない」

 

いかがでしょうか? このどれに当てはまりましたか?

どのフレーズに当てはまるかによって、あなたの改善策を考えるきっかけになります。

 

①②③→タイミングが悪い

④⑤⑥→もれがある

⑦⑧⑨→わかりにくい

 

という問題があるのです。なので、これらを解決するために方法をお伝えしていきます。

 

タイミングが悪い人が意識すべきこと

タイミングが悪い人に教えるべきなのは、明確なルールです。例えばこんなルールです。

  1. 指示を受けた仕事が終わったときに結果を報告する
  2. 指示を受けた仕事が納期通りに終わりそうにないと分かったときに報告する
  3. 数日間、数週間にわたる仕事は、節目で途中経過を報告する
  4. トラブルが発生したときは、すぐ報告する

 

重要なのは、指示のなかで判断基準となる時間を指定してあげることです。明確なルールを教えてあげてください。

 

もれがある人が意識すべきこと

もれがある人が意識すべきなのは、5W1Hです。

  • 誰が、誰と(Who)
  • いつ(When)
  • どこで、どこへ(Where)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

 

仕事でいうとこういうことです。

  • その仕事の主体、目的の人物、関係者など
  • その仕事を実施した日時、実施期間、仕事の納期など
  • その仕事を実施した場所、目的地など
  • その仕事の目的、具体的な内容、対象となる物品など
  • その仕事を実施する理由、背景、必要性など
  • 仕事の実施方法、手順など

 

これを明確にして、できるように意識してくださいね。

 

わかりにくいと言われる人が意識すべきこと

次はわかりにくいと言われる人は、困ったことと、問題をわけて考えてみてください。

起きている問題と、自分が困っていることの2つが混ざってしまうと、どうしてもわかりにくくなってしまいます。

 

なので、

○○という状況です。(問題)

なので○○ということで業務が止まっています(困ったこと)

 

という情報に分けて話をしてみてくださいね。

 

まとめ

ここまでポイントをまとめましたが、これらが出来ていないのは部下のせいではありません。結局のところ、原因は部下がうまくできないことに対する的確な報連相の指導をすることができない上司の責任です。

 

あいつはできないからと見捨てずに、○○という原因があるから、こういう教え方をしなければいけないという話をしてあげてください。

 

これができるだけで組織できることの幅は大きく広がりますので、ぜひマスターしてくださいね。

 

今回僕が書いたブログが面白いと思った方はこちらからLINEで友達になると、毎朝7時に僕が書いた自分を高めるためのブログをお届けしています。僕の書いたブログを読んで1日をスタートさせてもらう習慣をつけてくれれば、必ず少しずつ自分を変えることができる大きなきっかけになるはずです!

 

LINEの友達にしかお渡しをしていない秘密のブログや解説動画の配信もありますので、今回のブログが面白かったという方はLINEの友達になっておくことをオススメしますよ~!

↓ ↓ ↓

友だち追加

※友達になるにはこのボタンをクリックするだけ!

PCからご覧の方はこちらのQRコードを読み取ってくださいね↓

 

 

※ブログの感想なんかもLINEで教えてくれると嬉しいです(^^♪


========================


★今回のブログはいかがでしたか?
 
 
 
面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
 
 
 
ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
 
また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
 
お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




\ SNSでシェアしよう! /

クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

羽田野哲平

株式会社Newspiral
プロジェクトリーダー/主任
マーケッター/セールスコピーライター


2009年6月創業、年商20億を迎える名古屋No1のプロモーション会社である株式会社Newspiralの主任を務め、入社半年でたった一つの商品で売上7900万円を達成。

その後、筆頭コピーライターとしての地位を確立。しかし、学生時代は優秀な方ではなく、学校に上手く馴染めずに、学校にもほぼ行かずにゲームセンターに通う日々。なんとなく流れで大学に進むもやりたいことも特にないので、1年を何の収穫もなく無駄にしてしまう。大学2年次に「このままじゃだめだ!」と一念発起し、図書館に通う日々を過ごし、1年間で1000冊以上の本を読む。

そこで、自分の進むべき道は文章の世界にあると感じ、大学在学中に小説を書き上げ、その小説が300人以上在籍する大学の中で1番の小説に選ばれ、表彰される。

その後、自分の文章能力を活かせる道はないかと探す中で、株式会社Newspiralの代表である鳥居と出会う。鳥居の人柄、マインドに惹かれ入社を決意し、プロモーション業界の道を進み始めた。始めは月に5万円の売上も満足に上げることができなかったが、株式会社Newspiralという、多くの著名人、有名経営者と共にビジネスができる環境の中で「本当に結果の出るライティング」を研究し、入社半年でたった一つの商品を販売し、売上7900万円を達成。

WEB媒体。特に電子書籍、ブログ、YouTube、メルマガ、LINE@、Facebook広告なども活用し見込み客を集めるマーケティング戦略と、単価100万円~500万円の高額商品を売る対面でのセールスが得意。Facebook広告を使えば、初挑戦で3万の広告費で210万の売上をあげ、19年2月にはたった1週間の期間で、80万の広告費で1480万の売上を叩き出した。その経験を元に処女策となる『予算が少ない人のためのFacebook広告運用ガイド【2019年最新版】』を出版。AmazonのKindle内で販売されている全ての無料本の中で”1位”を獲得。

常時売上5000万~1000万のプロモーションを連発し、コンスタントに株式会社Newspiralの売上を伸ばし続け、22歳という若さでプロジェクトリーダー、翌年には主任という立場になり、常に10人以上の部下を抱えて指導しながら、今も現場の最前線で売上を伸ばし続けている。

2009年6月創業、年商20億円を超える株式会社Newspiralの裏側をすべて知るプロジェクトリーダーだからこそ語ることができる秘密もLINE友達限定でお届けしています。起業家が売上を上げるために重要な成功マインド、マーケティング・セールスの知識、コピーライティングの技術などを解説する動画も毎朝お届け中。

売上を上げるヒントを知りたいという方は「友達追加」のボタンをクリックしてLINEの友達になり受け取ってくださいね。


その他、情報媒体はこちら

◆YouTubeチャンネル
『個人の成功自己啓発研究会 クラッシュコーチングチーム』

◆不定期メルマガ
『株式会社Newspiral筆頭マーケッターマガジン 』

◆Amazon著作一覧
『羽田野哲平』出版書籍一覧

◆執筆ブログ一覧
「個人の成功自己啓発研究 クラッシュコーチングブログ」

「年商1億円突破の仕組み ザ・マーケティングブログ」

「セールスを一切不要にする販売戦略 ハイパワーセールスブログ」

この人が書いた記事  記事一覧

  • ポイントだけでリッツカールトン京都を嫁にプレゼントした話

  • Facebook、Instagram、Messengerで通信障害!?ログインできない状態にならないためには?

  • メルマガの始め方は?おすすめの配信システムと書き方のテンプレート

  • 生産性を上げる時間管理のコツ

関連記事

  • どうしても仕事に行きたくない時はどうするべき?(新人編)

  • 組織の力を最大化チームマネジメントでのリーダーの役割

  • リーダーに向いていないと思っているあなたへ!リーダーに求められる資質と心得は?

  • 中小企業だからできる組織を良くするために必要な習慣5選

  • 人材育成において大切なフィードバックのやり方とコツは?

  • 作業スピードが遅い人の特徴と仕事の要領をよくする方法