1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 職場の人間関係がうまくいかない原因と対処法は?

職場の人間関係がうまくいかない原因と対処法は?

 2018/06/21 自己啓発
この記事は約 14 分で読めます。

こんにちは、磯辺です。

 

 

コミュニケーションがとれなくて、
同僚と、上司と仲良くすることができない。

そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

職場での関係というのは、学校とは違い
今後の付き合いにも関わってきますよね、、、

 

 

そんな中で上手く付き合っていくことができなかったら、
ストレスにもなってしまいますし、変に悩み込んで
最悪の結果を招いてしまった、、、

なんてニュースを見かけて、
こちらも苦しい気持ちに、、、
ということもあったり。

 

あなたはそんな結果になりたくないですよね?
もっと良い未来を望んでいますよね?

 

だから、
解決するには、やっぱりコミュニケーションの改善!

 

と、考えていませんか?

 

あなたが悩んでしまっているのは、
本当にコミュニケーションだけが問題なのでしょうか?

 

あなたの人間関係が築けない本当の原因を知っていくことで、
上手くいく、良好な関係を築くことができるかもしれません。

 

 

今回は、職場で人間関係がうまくいかない原因を知っていき、
その対策法についてお話していきたいなと思います。

 

 

それでは、
よろしくお願いいたします!

 

人間関係が上手くいくメリット

人間関係を築くメリットとして一番大きいのは、

『築けば築いただけ一生涯になる』
ということです。

 

完全に私事になってしまうのですが、
しばしお付き合いください、、、(笑)

 

3年前から専門学校に通うために、
地元を離れて名古屋に住んでいます。

 

そして今年度から、
こちらの会社でお仕事させていただき、
新生活を迎えたとともに、
名古屋でできた友達と離ればなれになりました。

 

学校では漫画を学んでいたのですが、
担当編集をつけた生徒は大体東京に行ってしまいます。

友人たちもその中の一員。

 

友人たちとは、

毎日くだらない話をして、
変なことに大笑いして、
大騒ぎして、
でも授業には集中して、
辛いことがあったら話を聞きあって、
帰るときには「バイバイ」って手を振って、
また次の日も顔を合わせて笑いあう。

こんなルーティンを繰り返していました。

 

そして、卒業とともにそれが
当たり前のように途切れる。

1人暮らしなうえに、友人と離れてしまって
めちゃくちゃ寂しいです、、、(笑)

 

今さらながら、存在の大きさを痛感しています。

でもつい最近、友人から生存確認のLINEがきました。
それがきっかけで、今は毎日のように電話をしています。

「この人らと出会ってよかったな」って
「もっと大事にしてあげんなんな」って毎日思います。

 

一生涯の友人ってこういうことなんだなと、、、

 

あなたにも

・会えてよかった
・もっと大切にしてあげたい

そんな方がいらっしゃるのなら、

 

それが
『一生涯の人間関係』です。

 

もし、
その一生涯の関係が職場でも築けることができたら

 

毎日話をして、笑ってくれて、
仕事をこなして、任されて
辛かったら話を聞いてくれて
「お疲れ様」をして、
次の日も顔を合わせる。

 

最高な職場環境だと思いませんか?

 

・辛いときに話を聞いてくれる人がいるから、
ストレスがたまりにくくなる
・毎日笑顔で暮らせる
・仕事を任されることで、自分の存在価値が見いだせる

 

うまく関係を築くことで、
仕事が円滑に進むようになるんです。

 

コミュニケーション能力がないから上手くいかない

とはいっても、

 

うまく人間関係を築いていくなんて
かなりのコミュニケーションがある人とか、
めちゃくちゃ付き合いが長い人とかでないと
簡単に築くことなんてできないですよね。

 

周りを見てみれば、
コミュニケーション能力があって
仕事ができて
めちゃくちゃ明るくて、、、

 

自分にはそんな能力がないから、
永遠に無理なんだろうな。

こう考えてしまいますよね、、、

 

 

簡単に関係を作ることができればこんな
調べてまで対処法を探ろうとは思わないですし、、、

 

でも、調べて改善していこうというあなたの姿勢は
めちゃくちゃいいと思います。

 

そんなあなたに1つ聞きたいことがあります。

 

自分がなぜ
悪いこともしていないのに
関係の構築ができないのか

考えたことはありますか?

 

ないのであれば、その原因も探っていき
一緒に改善策を考えていきましょう。

 

人間関係が上手くいかない人の3つの特徴

職場の人間関係が上手くいかない方の特徴として、

  1. 自己主張が強い
  2. 人見知り
  3. 空気が読めない

この3つを挙げます。

 

当てはまりそうなものはありますか?

 

、、、と言っても

「私のことだ!」って自覚している方の方が少ないと思いますし、
これと人間関係がリンクしているのか、
明確には分からない項目もあると思います。

 

詳しくお話していきますね!

 

自己中心的

 

職場でいう、理由もないのに
「これできないから、やって」
「帰るの遅くなるからやらない」

こんなタイプの方です。

 

人のことより、自分が大事と考えて
いつでも自分中心の言動をしてしまうタイプ。

言い方が悪くなってしまいますが、、、
人間関係を築けないのも当たり前です。

 

想像していただきたいのですが、

仕事で失敗したとしても人のせいにする。
話をしたとしても悪口ばかり。

 

こんな人どう思いますか?

 

「嫌な人だな、、、」って思ってしまいますよね。

 

実際に、
ウーマンエキサイトというサイトでこんなアンケートがありました。
「女性に質問! 一番嫌いな同性はどんな人?」

 

この結果で2位にあがっていたのが、

自己中心的(19%(131人))
でした。

 

※有効回答者数:689人
※集計期間:2015年5月5日~2015年5月6日

 

それだけ、

自己中心的な人は嫌がられてしまうのです。

 

人見知り

初対面の人と緊張して話をすることができない。
上手く会話をつなげることができない。
人の輪に入ることができない。

このような方は多いのではないでしょうか?

 

こうなってしまうせいで、
自分はコミュニケーションを図りたいと思っているのに
相手からは、
愛想が悪い人だと思われたり
この人とはうまくいかないって決めつけられたりして
人間関係が築きにくくなってしまいますよね。

 

かくいうこれを書いている私がそうなのですが、、、
めちゃくちゃ人見知りで、
人相が悪いという最悪の人格者(笑)

まぁ、第一印象が悪いです(笑)

 

話をして、自身が心を開ければ
その人になついてしまうのですが、
そうなるまでにすごく時間がかかってしまいます。

今まで仲良くしてくれた友達にも
「絶対仲良くなれんなって思ってた」
って言われてしまう始末、、、

 

こんな具合に人見知りな方って勘違いされやすいんです。

 

空気が読めない

いわゆるKYってやつです。
ひと昔前にたくさんの方が口にしていましたよね。

 

空気が読めない方の特徴としては、
その場の雰囲気、しぐさ、言葉から相手の気持ちを
汲み取ることができないこと。

 

そのせいで、

・相手が引いてしまうような言葉を平気で話す
・相手の気持ちを傷つけるようなことを言う
・状況に合わせて行動ができない
・思ったことをそのまま口に出すので、相手に話が通じない

 

このような状況に陥りやすくなってしまいます。

その結果

「なんやこの人、状況も分からんのか、、」
「話しても面白くないわ」
「もうこの人に話なんかしたくないわ」

 

話をしている相手にこう思われてしまい、
職場での人間関係が上手く築けなくなってしまいます。

実際、そんな方が身の周りにいたことがあります。
自分が思っていることを、相手が分かっているように
話をしてくるので全く話が読ませんでしたし、相談を
してもよく分らん返事が返ってくるしで大変でした。

 

本人には絶対言えませんが、
もう相談せんせんとこうって
静かに誓いました(笑)

 

この3つの中であなたに当てはまるものはありましたか?

当てはまるものがあったら
ぜひ対策していきましょう。

 

 

あなたの悩みを解決できヒントを何個か挙げていこう
と思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

職場で人間関係を築くには?

先ほどあげた特徴の3つ

・自己中心的
・人見知り
・空気が読めない

に合った対処法をそれぞれお話していきます。

 

分からないところがありましたら、
何回も読み返してみてください。

 

そして、よかったら
あなたの職場でも活かしてみてください。

 

それでは、、

 

自己中心的な場合

私が思うに、自己主張が強すぎる人が自己中になってしまうのだと思います。
自分の意見、主張を通そうとして自己中になってしまう。

でも、自己主張することは決して悪いことではありません。

なぜなら、それだけ「自分」を伝えようとしている
ということだからです。

 

「自分」伝えることができれば、

・意見がはっきり言える
・断るという主張ができる

明確な自身像がある人なんだなって思います。

 

では、自己主張の何がいけないのかというと

自己主張が ”強すぎる”
という点です。

 

その強くなってしまう原因として2つ挙げられます。

「これできないから、やって」
「帰るの遅くなるからやらない」

理由が全くないですよね。

 

理由がないから、自己中だと思われてしまうのです。

 

あ、でも
「帰るの遅くなるからやらない」
早く帰りたいからというのは、理由にはなりません。

 

「なめとるんか!!」って怒られてしまいます。
それこそコミュニケーションの弊害になってしまいます。

 

なぜできないのかを相手に伝えることが重要です。

「終電に間に合わなくなってしまうので、できません。」
「親との約束があるので早く帰らないといけないんです。」
「この仕事を終わらせないといけないので、代わりにやってもらえませんか?」

 

できない理由を正直に言うことで「わがまま」と
思われてしまうことを防ぐことができます。

 

人見知りな場合

 

人見知りだとどうしても、話ができなくて
コミュニケーションが十分に出来なくなってしまいます。

 

でも、ここで一つ考えてほしいのが、
本当にあなたが話をしなければいけないのか
というところです。

話をするということだけが、コミュニケーション
の取り方なのでしょうか?

 

営業を勉強していて、知ったのですが、
信頼関係を築くときには
「話を聞くことでコミュニケーションを図る」
ということを知りました。

つまり、聞き上手になるということです。

信頼関係は、人間関係を構築していくときにも
重要になってくると思います。
信頼がなければ、コミュニケーションを図ろう
なんて思えませんからね、、、

 

なので一度、話すことにフォーカスするのではなく
話を聞く方にフォーカスしてみるのはいかがでしょうか?

 

そちらの方が気が楽じゃないですか?

私も話をする方ではなく、聞く方に回ることが多いです。
これで、少なからず人間関係を築いてきたので
結構有効的だと思います。

 

かといっても、
「聞き上手になるには、何をすればいいんや!」
という方もきっといらっしゃるはず、、、

 

聞き上手になる方法を簡単にお話ししていきます。

 

【聞き上手になるには?】

 

 

 

 

 

 

 

①相手の目を見る

②うなずきや相づちをはさむ

 

 

この2つをこなせば、
話を聞く態度を作りあげることができます。

 

相手の目を見るのは、初めは緊張すると思います。
というか、緊張しない方なんてそうそういないすよね(笑)

 

でも、目を見ることには
『好意』を伝えることができるだけでなく、
相手に「自分を信用して」という意思表示を
表すことができます。

 

なので初めは、相手の眉間をジッと見つめてみてください。
何となく「あなたをみていますよ感」が出てきますよ。

 

うなずきや相づちをはさむことで、相手に
「話を聞いていますよ!」という意思を伝えることができます。

 

これは、「そうですね」「そうなんですか?」
と相づちをしたり、うなずいたりすることで、
相手の聴覚と視覚に訴えて、
話を聞いていることを伝えることができます。

 

この2つを合わせ技で使うことで、聞き上手になることができます。
今から実践してみてもまだまだ間に合うと思います。

 

ぜひやってみてくださいね!

 

空気が読めない場合

「なんやこの人、状況も分からんのか、、」
「話しても面白くないわ」
「もうこの人に話なんかしたくないわ」

 

この状況になってしまうのは、
話をしているときが発端ですよね。

簡単に言ってしまえば、話をしなければ
あなたは空気が読めないと思われないということです。

 

何が言いたいか、、、
「話をせずに黙ってしまおう!」
ということです。

どういうことかというと、
空気が読めない人というのは、すぐに会話に入りたがります。
「それ私も知ってる!」って

 

こんなかんじで割り込んでしまうと
話をしている人達の話のテンポをずらしてしまいます。
こうして、空気が読めないと思われてしまうのです。

 

だから、
口が悪いですが、
とりあえず黙りましょう。

黙って、とりあえず落ち着いてみてください。

そして、

・この話に割り込んでいいのか
・この返事で相手は傷つかないか

をしっかりと考えてください。
考えて気持ちに余裕を持つことで空気が読めない発言が減ってくるはずです。

 

とりあえず、自分を客観視してみましょう。

 

それと、もう一つ
人見知りな場合でもお話したように
話を聞く側に回ってしまうことも一つの手です。

余計な話をしてしまう前に、
相手に話をさせて聞き役に徹してください。

 

口は災いのもと。
この言葉を身につけてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、職場の人間関係が上手くいかない原因を探っていき、対処法をお伝えしてきました。

 

うまくいかなくなったときは、、、

・理由を話す
・聞き上手になる
・とりあえず黙る

この3つを実践してみてください。

 

本当に解決したいと思っているあなただからこそ
本気で向き合うことができます。

 

少しでもあなたの手助けができたでしょうか?

 

今回お話してきたことが、
あなたの力になれば良いなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!


========================


★今回のブログはいかがでしたか?
 
 
 
面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
 
 
 
ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
 
また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
 
お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




\ SNSでシェアしよう! /

クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「時間がない」はただの言い訳!?仕事を効率化して時間を作る8つの方法

  • 記憶力が悪い人必見!記憶力を簡単に上げるトレーニング方法とは?

  • 相手を惹きつける上手な話し方のコツ5選

  • あがり症を克服!人前で緊張せずに話す5つの方法

関連記事

  • SMARTの法則は古い!?正しい目標設定の例と4つのコツ

  • 億万長者の2割だけが実践している3つの思考法

  • タスク処理上手くできてますか?仕事を効率よくできる人の特徴

  • ビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!

  • 成長のできない人の7つの特徴とは?

  • やる気がでない原因と仕事ができる人のスランプ脱出法は?