1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 漫画は読書に値する。読むことで現れる脳への効果は?

漫画は読書に値する。読むことで現れる脳への効果は?

 2018/07/20 自己啓発
この記事は約 12 分で読めます。

こんにちは、磯辺です。

 

 

個人的な見解ですが、
日本といえば、アニメ文化。
”コミック”が知られていると思います。

今では、世界的に有名ですし、
たくさんの人々の目に留まっています。

日本にも多くのファンがいます。

 

あなたも一度は読んだことがあるのではないでしょうか?

 

私も、
漫画家を目指すくらい好きです(笑)

弊社でもマンガチームとして
絵を描かせていただいています。
いつか皆さんに読んでいただける日が
来るように精進していきますね(笑)

 

とは言っても、コミックは
良い印象だけではありません。

「そんなもん読んどっても勉強にならん」
「ただの娯楽」
「読んだらバカになる」

 

散々です。

 

私が絵描きを目指した時も親戚から
反感を買いました、、、

「仕事の中に入らない」って。

 

そんな漫画ですが、
それほどまでに悪影響なのでしょうか?

 

実は、この日本の文化。

読むことで読書並みの効果を発揮し
脳に良い影響を与えることができます。
日本人はすごい文化を作りだしていたんです。

 

今回は、漫画は本当に悪影響なのかを知っていただき
読むことで、どんな効果が脳に現れるのかをお話していきます。

 

ブログを通して
漫画の良さがさらに伝わっていけば嬉しいです。

 

それでは、よろしくお願いします!

読書って素晴らしい!

学生時代を思い出してみてください。

夏休みになると待ち構えるあの課題、、、

私は、めちゃくちゃ嫌いでした。
読書感想文。

 

嫌いなので、夏休みに入ると必ず初めに消化していました。

何が嫌かって、小説といえば活字だらけ。
その時点でアウトでした(笑)
文章におこすのも嫌い。

学生時代を思いだすと、友人も読書感想文が嫌いで
最後の最後まで、この課題を残していました(笑)

 

そんな感想文ですが、
「何でこんなことしとるんやろ、、、」
「これ意味あるんか?」
こう思いながら書いていた方もいらっしゃるかと
思いますが、もちろんちゃんと意味はあります。

 

まず小説を読むときって
「これってこういうことかな?」
って想像をしながら読みますよね。

想像をして読んでいくことで
今まで知らなかった知識に触れることができ、
文章が自然に記憶に残ることで文章力がアップ。
語彙力もアップ。

つまり脳が活性化されます。

 

そして書くことで、
自分を振り返ることができ
もっと深掘りして考えることができる。

 

読書にはまだまだメリットがあって、

イングランドにあるサセックス大学で行われた実験で
こんな結果が出ています。

『「読書」をする事で68%のストレス値が軽減することが分かった。』

※イライラした時は読書?ストレスの68%を解消した読書のすすめ/TOPICS FARO

 

なんと、ストレスの解消にも役立つんです。

ストレスと言えば、考えすぎてしまうことで
マイナス思考に陥りやすくなってしまうのですが、
読書をすることで、意識がそちらに向いていきます。

そして、
ストレスを沈静化してくれるんです。

 

それだけでなく、
子供のころから読書をする習慣がある人は、
アルツハイマー病の原因となる
ベータアミロイドの
形成を抑えているとカリフォルニア大学の

研究チームが発表しています。

読書を習慣化し継続的に大脳に刺激を与えることで
抑えることができ、予防できるんです。

 

読書って素晴らしい産物なのです。

 

漫画を読むとバカになる?

私の家は、漫画推進派です。
だから絵描きになる夢も許してくれたんでしょうね(笑)

ですが、周りの友達は違う環境で育った人が
多くて中には持っていないという友達もいました。

 

理由を聞くと、、、

「親に勉強しなくなるから駄目って言われた」
「テレビやゲームと同じようなもんって言われた」

 

正直、ゲームと漫画好きにとっては
バカにされるのは許すまじなのですが、、、

論点からずれてしまうので一旦
どかしておきます(笑)

 

話を戻して、、

 

「漫画を読むとバカになる」

簡単にまとめ過ぎですが
やっぱり世間では、こんな意見が多いようです。
中には言われたことがあるという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

漫画は小説や文学書と同じように本であることに
変わりありません。

でも、
読書感想文の対象にはならないし
読書の中にも入れない。

では、なぜ同じ本で、
本屋さんにおいてあるのにも関わらず

仲間外れにされてしまうのでしょうか?

 

 

それは、漫画は「娯楽」だからです。



小説や文学書は、
挿絵がついているものがありますが
ほとんどは文字ばかりですよね。

絵が無い分、その話の背景をイメージしないといけません。

そして、登場人物の表情なんかも文章から
読み取らないといけませんから、
想像力が重要になってきます。

 

それに対し漫画は、
文字があり、絵ももちろんあります。
表情が分かり、背景もついいています。

イメージしなくても読むことが可能です



そして、エンターテインメントでもあります。
”視覚から人を楽しませる” ことが前提なため
娯楽として扱われています。

小説より、想像力を使わないため
「読むとバカになる」
というテンプレートができてしまったのです。

 

本当は ”読書” に値する

本当に漫画は脳にいい効果を与えないのでしょうか?

 

実は、漫画でも
読書と同等の効果を得ることができます。

同等どころか、
もしかするとそれ以上なのかもしれないのです。

決して
バカにされるようなツールではありません。

 

考えてみてください。

スポーツをテーマにしたものがありますが、
ルールを知らずに読んだとしても

巻を重ねていくごとにルールを理解することができます。

 

そして、ピーター・F・ドラッガーさんが書いた「マネジメント」
のような難しそうな参考書でもコミカライズされている
ものを読めば知識を蓄えることができます。


少年誌もあれば、女性誌がある。
青年誌があるし、少女向けもある。

内容も、ビジネス向けがあるし、スポーツ
法律、SF、ファンタジー、恋愛、、、

小説と同じくらいのバリエーションもあります。



様々な知識を得ることは可能なんです。


「読んで無駄になった。」
こんなことは決してないはずです。

 

知識を蓄えることができるという点では
小説と漫画は同じなのですが、
得られる脳への効果は違います。

 

いったい何が違うのでしょうか?

 

漫画と小説の違い

漫画と小説では、
絵があるかないかという違いが
パッと浮かぶかもしれませんが、、、

 

もちろん、それだけではありません。

 

 

小説は、「読む」という行為から
文章を理解し、場面をイメージします。

そして想像力が刺激される。

 

「綺麗な黒髪の端麗な女性だ」と書かれているのが
絵をつけてしまうと簡単に想像ができてしまいます。
でも小説は、文章のみで構成されているので、
絵が無い分想像力が膨らみますよね。

 

 

しかし、漫画は
「見る」という行為から場面の理解をします。
先ほどもお話ししましたが、
絵があることで想像力はふくらみません。

しかし、その ”絵” が
右脳を刺激するんです。

右脳で絵を視覚として取り入れ、
それと同時に左脳で吹き出しにあるセリフを読んで
ストーリー全体を理解します。

つまり、コミックを読んでいるときは
脳が活性化され、活発に働いてくれています。

 

 

脳への効果が違い
それぞれ別のメリットがあるんです。

 

漫画が与える脳への効果

実は漫画でも
読書と同等、もしくはそれ以上の効果を得られます。

 

自信満々にお話しましたが、、、



どんな効果を得ることができるのかを
お話していなかったですね(笑)

 

私たちの身体にもたらしてくれる
効果は3つあります。


1.感性が育つ
2.記憶が定着する
3.意欲が向上する

 

 

くわしくお話していきますね!

 

感性が育つ

 

 

 

 

 

 

今手元にコミックがあれば
ぜひページを開いてみてください。

人物が焦っているときや危機的状況にいるとき、
頬や額、体のどこかに汗のマークがあると思います。

びっくりしているときは、瞳孔が小さくなっていたり
怒っているときは、額から目元にかけて影があったり
怒りマークというか、血管マークがあったり

フキダシの形も場面によっては変わっていますよね。

 

このように、
記号や、表現で様々な感情を読み取ることができます。

 

読み取ることができることで
喜怒哀楽などの感情を管理している扁桃体と呼ばれる
部分が、小説など文章を読むだけの時よりも
活発になり、感受性が豊かになります。

 

感性が豊かになると、
「この人は優しい人なんだな」
「何であんな態度になってしまったんやろ
もっと配慮することができたんじゃないか」
「辛そうだけど何かあったのかな」

と人の思いを感じ取ることができるようになります。

感じ取ることができるようになれば、
空気が読めるようになるので
人間関係が良好になります。

 

つまり、どんな人とでも誰でも
うまくやっていくことができるようになるんです。

 

記憶が定着する

 

 

 

 

 

 

文章だけを読んでいくよりも
漫画で文字を読んでいった方が内容が記憶に残ります。

脳が1分間で情報処理することができる文字数は
1000字であるのに対し、
絵を見ながら文字を追っていった場合に処理できた
文字数は2倍の2000字まで処理することができます。

 

多くの文字を処理することができれば、
その分記憶に残す文字量は多くなります。

 

また、東洋英和女学院大学で記憶力をテーマに
ある実験が行われていました。

学生を2つのグループに分けて、
1つのグループは、教科書のようなテキストで
もう1つのグループはコミックのようなテキストで
平方根の勉強をしてもらうというものです。

一週間後に2グループとも同じテストを
行ったところコミックを使ったテキスト
の方が得点が良かったのです。

この実験を行った研究者の見解としては、
コミックを使った方が
人物の表情、思い、人の心を通して得られる背景が
学んだことと共に情報として結びついてくるので
記憶が定着しやすくなるといったものでした。

 

つまり、絵と一緒に
その時に学んだことが記憶として
呼び起こされるということです。

 

意欲が向上する

 

 

 

 

 

 

「もう閉じたわ!」
という方はごめんなさい!

手間をかけますが、
漫画が手元にある方は
もう一度ページを開いてみてください。

ページにもよりますが
平行線とか、集中線という静止している
人物や背景に動きを出して
動いているように見せる線はありませんか?

この線、実は
人物に動きを出させてくれている以外に
脳にかなりいい効果をもたらしてくれているんです。

この線があるおかげで、
脳の中で、ドーパミンという物質が分泌されます。

 

ドーパミンとは、情報伝達を介在し
快感や意欲を向上させ
やる気を作り出してくれる
ポジティブメーカーです。

ということは、
ドーパミンが分泌されることにより
「もっと頑張ろう」ってモチベーションを
上げることができますし
好きなことや、仕事に没頭することができます。

 

意欲を高めるためにも
漫画を読んでおいた方が良いことが訪れます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、読書が脳に与える影響と
漫画を読むことで脳にどんな効果をもたらす
のかお話させていただきました。

 

読むことで得られる効果は、、、

・感受性が育つ
・記憶が脳に刻みこまれる
・ドーパミンが分泌される

 

漫画は、脳に栄養を与えてくれるだけでなく
読みやすくて、今では世界に愛される
日本の大切な文化です。

ただの娯楽ではありません。
描いているからそんなことが言えるのではなく
描いているからこそ、
偉大な娯楽であると伝えたいです。

 

えっと、まぁ、、、
結局言いたいことは、

・悪いものではありません。
・むしろプレゼントをたくさんくれます。
・いっぱい読みましょう!

ですね(笑)

 

 

今回はここまでにしておきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 


========================


★今回のブログはいかがでしたか?
 
 
 
面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
 
 
 
ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
 
また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
 
お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




\ SNSでシェアしよう! /

クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 相手を惹きつける上手な話し方のコツ5選

  • あがり症を克服!人前で緊張せずに話す5つの方法

  • お金持ちになる人の共通点と特徴は?幸せなお金持ちになる方法と考え方とは?

  • 人材育成において大切なフィードバックのやり方とコツは?

関連記事

  • 読書量と年収の関係は?効果がある読書方法とメリットとは?

  • リーダーに求められる役割と素質は?

  • ビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!

  • 漫画はビジネスに役に立つ。漫画を読むべきである2つのメリット。

  • 成長のできない人の7つの特徴とは?

  • 職場の人間関係がうまくいかない原因と対処法は?