1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 日記を書くメリットと続ける4つのコツ

日記を書くメリットと続ける4つのコツ

 2018/08/27 自己啓発
この記事は約 15 分で読めます。

こんにちは、磯辺です。

 

 

あなたは日記を書いたことがありますか?

 

小学生の時の課題で絵日記の宿題が
出て、書くように
命じられたことがあるのではないでしょうか?

 

正直、究極に面倒くさいですよね(笑)

 

とはいえ、そんな面倒くさいことを
今では
弊社に入社してから毎日行っています。

 

理由としては
文章力向上のためと毎日の
振り返りをしようと考えていたからです。

でも初めは渋っていました。
絶対続かないと思っていたので(笑)

 

しかし、
何とか続けることができていますし
始めたことで得られたことは
今では財産になっています。

 

今あなたは、
日記を続けることができていないか
続かないと思うから始めようか
迷っているのだと思います。

 

なのでそんなあなたの後押しをして
財産を得てほしいなと思います。

 

今回は、日記を書くメリットと
続けるコツについてお話していきます。

 

それでは、
よろしくお願いいたします!

 

日記を書くメリット

日記を続けるコツについてお話していく前に
続けることでどんなメリットがあなたに
訪れるのかお話していきますね。

 

メリットはこちら⇓

・自分と向き合う時間ができる
・精神的に健康になる
・アイディアの整理ができる

 

詳しくお話していきますね。

 

自分と向き合う時間ができる

 

 

 

 

 

 

毎日日記を書くことによって
一日に一回は自分と向き合う時間が必然的に
とれるようになります。

 

書いているときに
・今日の自分はどんな行動をとっていたのか
・どんな感情だったのか
・モチベーションは高かったのか

を振り返ることができるので、
明日はこんな失敗しないようにしないといけないな
とか
明日モチベーションを高くするには自分で
どんな行動をしないといけないかなどを
考えることができます。

日々の反省をすることで
改善点を見つけていくことができるのです。

 

 

例えば、寝坊して仕事に遅れてしまった場合。
これは大きな失態ですよね、、、(笑)

 

実は一度だけあるんです、、、
お恥ずかしながら、、、

その日は、かなりショックでしたね。
起きた瞬間、驚き過ぎて
体が全く動かないし、思考が停止して
『頭が真っ白とはこういうことか、、、』
と思うほどでした。

 

それを書き記すわけです(笑)

・何で寝坊してしまったのか
・どんな気持ちになったのか
・どうすれば寝坊しなくなるか

この3点を書きました。

 

それ以来、
毎日3時間睡眠が当たり前で
ショートスリーパーな自信があったのですが、
一ヶ月の間で6時間睡眠の日が増えましたし
遅刻もそれ以来ありません。

私的には、健康的な生活を送れるようになることが
できるようになったことが大きなメリットに
なっています。

ただ、その日どんな精神状態だったのかも
書いているので
読み返した時めちゃくちゃ恥ずかしい、、、(笑)

 

この遅刻した日以外も例外ではなく、、、

 

「うわ、この日めっちゃ病んどるやん」
「ここ1週間ずっとテンション高いな!」
とか気持ちの浮き沈みが目に見えて分かるので
どんな時にテンションが高くなるのか、
低くなるのか
自分を理解することにもつながります。

 

精神的に健康になる

 

 

 

 

 

 

実は日記には、
日々のストレスを開放してくれるメリットもあるのです。

 

2005年9月に刊行された
学術誌『Advances in Psychiatric Treatment』の論文には
こう書かれています。

 

実験の参加者に15分~20分の執筆を
3~5回行ってもらったところストレスの改善や
過去にあったトラウマなどの感情的な出来事に
決着をつけることができた。

 

ということが記載されています。

 

それに何かを書くということは
ガンのような重度な病気を持っている患者さんにも
効果を発揮することができるのです。

 

カウンセラーやセラピストのような
心理療法をもとに相談員を務めるような方々も
患者さんに執筆することを進めているくらい
荒れた精神や感情に折り合いをつけてくれます。

 

 

確かに、日記を書いていると
その日の感情がいくら荒んでいても不思議と
心穏やかになっている気がします。

よく感情が荒れて発狂したくなる時がある方が
いらっしゃるのなら
ぜひ書いてみていただきたいです。

 

アイディアの整理ができる

 

 

 

 

 

 

日記を書いていけば、文章を書くことが上手くなっていく
ということは、ここでお話しなくても
容易に想像できそうですが、
書き続けることのメリットはそれだけではないのです。

実は、アイディアを効果的に処理して
重要な情報を記憶することができるのです。

 

例えば、
ゲームが好きなのでそれで話を進めていきますね(笑)
広告バナーでよくゲームの広告を見ませんか?

 

そのバナーで気になったゲームの話を書き綴ります。

「今日PS4のゲームの広告を見て、
グラフィックが綺麗だし面白そうだった。
めちゃくちゃ気になったので
9月に発売だからお金を貯めておこう」
こんなかんじです。

 

アイディアとはいいがたいと思いますが、
こうやって書き連ねておくことで

・どんな商品だったか
・いつ発売か

から
「その商品を手に入れるには何が必要か」

などの自分の考えをまとめることができます。

その日に経験したことを書いておくことによって
経験そのものの処理ができるのです。

 

 

それに、
こんな経験はありませんでしたか?

 

課題を出された直後は面倒くさくて
手を付けたくない感想文。

それでもやってくる締め切り、、、

それに間に合わせるためにとりあえずペンを握って
文字を書く。

すると
初めは面倒くさくてやりたくなかった感想文も
書いているうちに何を書くかのアイディアが
浮かんできてどんどん文章が埋まっていく。

 

こんな経験です。

 

ブログを書いているときは大体こんな感覚に
陥ります。

この文章だったらこの経験と結び付けて
書くことができるなって
どんどん浮かんできて結局は文字をたくさん
書いていることがあります。

書くことを続ければ
このようにアイディアが浮かんでくる
だけでなく、
アイディアを適切に処理することができるのです。

 

書き続けることができない、、、

メリットを3つ挙げましたが、、、

 

日記を続けることによって得られるものは
あなたにいい影響を及ぼしてくれること
を知っていただけたと思います。

ですが、正直毎日続けることって
かなり意識が高い方とか
3日坊主精神がない方くらいしか
いないですよね、、、

 

書き始めたばかりのときは忘れて次の日を
向かえてしまうなんてことも多々ありました。

、、、今でもたまにあるんですけどね(笑)

 

いつも寝る直前で書こうと決めているのですが
書くのを忘れて電気を真っ暗にしてしまうんです。
そのまま睡魔に負けてぐっすりです(笑)

朝起きたときには出勤の2時間前で
急いで家を出てしまうので
書くのを忘れてしまった次の日は
ほとんど殴り書きで終わっています。

 

あと
「疲れたから今日はもういいわ、、、」
って感じで布団にインする日もあります(笑)

寝るのが好きすぎなだけに見えますが、
ほんとにそうなんです。

かなり怠惰なんですよね。

 

それでも、
適当に書いている日が合ったとしても
続けることができているのはほぼ奇跡です。

 

”何かを長い間続けることができない、、、”

 

こんな私のような方もどこかに
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな方の気持ちはよく分ります。

 

なので
どうしたら続けていくことができるのか、
そのコツをお話していきますね!

 

書き続けるコツは?

さてさて、今回の本題である日記を続ける
コツについてお話していこうかと思いますが
その前に、1点だけ注意事項です。

 

私は日記を書くのを躊躇していたと序文で
お話しましたが、それは
自分で自分のことを書くのがこっぱずかしい
と思っていたからです。

誰かが読んでいるわけではないのに
「この文章は書いて良いのか」
「こんな下手な文章でいいのか」
という誰かが見る前提で書いてしまっている
ことが原因でした。

 

同じ考えをお持ちの方は
いらっしゃいませんか?

 

もしあなたがそう考えてしまっているの
であれば、
これからお話することを
何回も読み返してください。

 

文章は上手くなくてはいけないということは
ないのです。
あなたが見返すことができて、
今日を振り返ることができればそれでいいです。

 

それに、その日記を見るのは誰ですか?

 

あなたですよね。

あなたしか見ないのですから
どんな内容であれ、
どれだけ文章が下手であれ
書いてみることが重要です。

 

 

さてさて、長い前置きでしたが、
ここから本題に入っていきいます。

 

書き続けるには、、、

・書く時間を決める
・ツールを変えてみる
・生活の一部に混ぜる
・長い文章でなくてもいい

 

この4つです。

 

簡単に説明させていただきますね!

 

書く時間を決める

 

 

 

 

 

 

「時間ができた時にやろう!」
そう思っていませんか?

これでは絶対に続きません。

 

何かをするときに
スケジュールを立ててタスクを
達成していくのと同じです。

 

この時間までにこれをやろうと
決めておかなければ行動にできない
ということが人間の性です。

 

なので、
書く時間を決めてしまいましょう。

 

私であれば寝る前。
それでも寝る時間がその日によって
まちまちなので
最低23時には書こうと決めています。

 

ただ、友達も日記を書いているのですが
夜だと眠すぎてやる気が出ないと、、、(笑)

なのでその友達は
朝に書いています。

 

”日記と言えば夜”
というイメージがありますが
絶対に夜ではいけないということは
ありません。

 

友達のように朝でもいいですし
昼でも構いません。
もちろん夜でも。

 

帰ったら早く寝たい!
という方はぜひ朝や昼に行ってみてくださいね。

 

ツールを変えてみる

 

 

 

 

 

 

あなたにとって
一番書きやすい方法を見つけましょう。

一重に日記と言っても書く方法は
たくさんあります。

 

3つ紹介していきますので
自分に合いそうだなと思ったツール
でトライしてみてください。

 

日記帳

 

 

 

 

 

 

これはスタンダードな方法です。

 

私はこの方法でやっています。

なぜこのツールを利用しているのかというと
字が綺麗になってほしいという願い
を込めてと文房具が好きだからなのですが、

一番は、
しっかり自分と向き合うことができる
からです。

 

アプリやブログですと、ついつい他のサイト
が気になってしまって
知らないうちにゲームをしていた
なんてことやネットサーフィンをしてしまって
いたなんてことがあります。

気が散るのが嫌なので手書きで書く方法を
活用することにしました。

真剣に自分と向き合いたいという方は
ぜひこちらを活用してみてくださいね。

 

アプリ

 

 

 

 

 

 

 

アプリを利用すると気が散ってしまうとお話
しましたが、もちろんメリットがあります。

 

始めたころは、アプリを使っていましたが
どんな所でも「今書きたい!」って思った時に
すんなり書くことができるので日記帳よりも
簡単に続けることができます。

そして写真を張りつけることができるアプリ
もあるので
食べたものや景色、買ったものの写真を
貼って楽しむことができます。

 

絵日記感覚で楽しいと思いますし、
読み返した時面白いと思います。

 

楽しみながら続けて書いていきたい
という方はこちらが便利です。

 

ブログ

 

 

 

 

 

 

人に見られてしまうというデメリットがありますが
ブログも一つの方法です。

ブログであれば長い文章を書くのが好きな人に
とっては絶好なツールです。

 

それに
「あれ?そいえばこんな内容書いたけど
いつだっけ?」と思った時に
検索をかければ簡単に見つけることができます。

それにみられていることで、逆に
「この人が見ていてくれるから」と
続けることにつながります。

 

また、アプリと同じように
写真を挿入したりできますし、
文字のレイアウトを変えて
読みやすくすることができます。

 

実は、それを利用して
個人的にブログを書いてみたいなと
思っています(笑)

漫画やイラストを描くことが趣味なので
それをいろんな人に見てもらいたいんです。

自分から情報を発信することで
見ている人の意見をこれからの絵に
反映することができますし
少しでも絵の仕事に近づければな
と裏で考えています(笑)

 

自分から何かを発信してみたい方、
見られていることを励みにしたい方は
ブログを利用してみて下さい。

 

生活の一部に混ぜる

 

 

 

 

 

 

これは友人が取り入れていて良いなと思ったので
紹介させていただきますね。

友人は、在宅で行う仕事をしているのですが
どうしてもぶっ続けで手を動かさないと
いけない業種です。

なので、
息抜きがどうしても必要になります。

 

息抜きのために朝にコーヒーを飲む時間がある
そうで、、、(笑)

理想的な朝を向かえているわけですが、
その時間に書くそうです。

 

「書こう書こうとしたら
余計面倒くさくなるから無理に
時間取らんことにした!」って言ってました。

 

確かにそうですよね。

自分で決めたことであっても
強制したら嫌になりますよね。

 

『この日までに̠−5キロ』
と決めても途中からやりたくなくなる
ように
例え自分で決めたことだとしても
三日坊主になるきっかけを作って
しまっているのであれば意味ないですよね。

それの改善策として行っているのが
友人の方法です。

「コーヒーを飲みながら」
「通勤の時間を利用」
「お風呂を沸かしている間」
「歯を磨きながら」

普段の行動を見返してみて
パッと浮かんだ行動の一部に組み込みましょう。

 

長い文でなくてもいい

 

 

 

 

 

 

無理に長い文章を書かなくても大丈夫です。

 

その日あったことを全て書こうとすると
膨大な文章量になってしまいますよね。

そうすれば当然三日坊主精神が
うずうずしてくるわけです。

 

それにめちゃくちゃ疲れているときに
膨大な量の文章を書こうとしても
考えただけで嫌になりますよね。

 

なので文章は短くても
全然大丈夫です。

 

とりあえず印象に残っていること
を箇条書きにでもいいですし
一番印象に残ったことを書くのでも
問題ないです。

 

長い日記を書きたい日があれば、
その時に書いてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、日記のメリットと続けるコツについて
お話してきました。

 

時間を決めてまでやらなくてはいけないのか
という意見をお持ちの方もきっといらっしゃる
のではないかと思います。

 

ですが、
私はそれだけの価値があると思います。

 

5ヶ月前の自分より
文章力が上がりましたし、
反省を反映できるようになりました。

 

”今までできなかったことができるようになる”

 

小さいことかもしれませんが
人生の中でのメリットとなり、
あなたの糧になるでしょう。

 

日記を書くことに挑戦、または
続けることができれば
成長した自分に出会えるのです。

少しでも成長をしたいと考えていらっしゃるのであれば、
今回紹介した、3つのコツを踏まえて
挑戦してみてくださいね。

 

あなたがステップアップした自分と
出会うことができることを祈っています。

 

素敵な日常を送ってくださいね!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!


========================


★今回のブログはいかがでしたか?
 
 
 
面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
 
 
 
ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
 
また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
 
お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




\ SNSでシェアしよう! /

クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 相手を惹きつける上手な話し方のコツ5選

  • あがり症を克服!人前で緊張せずに話す5つの方法

  • お金持ちになる人の共通点と特徴は?幸せなお金持ちになる方法と考え方とは?

  • 人材育成において大切なフィードバックのやり方とコツは?

関連記事

  • やる気が出ない時にモチベーションを上げる5つの方法

  • やる気がでない原因と仕事ができる人のスランプ脱出法は?

  • 生産性を上げる時間管理のコツ

  • 億万長者の2割だけが実践している3つの思考法

  • 仕事が楽しくない理由は?やりがいを見つける方法

  • ビジネスマンなら知っておきたい効率のいい情報収集の方法とアプリは?