1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 仕事のストレスを解消するための2つの思考

仕事のストレスを解消するための2つの思考

 2018/06/07 自己啓発
この記事は約 19 分で読めます。

こんにちは、磯辺です。

 

 

あなたは感情的になりやすいタイプですか?

 

私はわりと感情的になりやすいのでイライラしやすかったりします。

 

一度ムカついてしまえば、

人の話し声だけでもイラ立ちが募ってきて

「うわー!」って頭を掻きむしりたくなるタイプです。

 

なのでなるべく感情を制限したいのですが、、、

 

 

イライラが溜まってしまえば、どうしても

 

「もういやだ」

「やめてしまいたい」

「もうこの世からいなくなてしまいたい」

 

と思ってしまいますよね。

 

私だけでしょうか?

 

なるべく解消しておきたいものです、、、

 

でも、

そんな解消しておきたいものにメリットがあるってご存知でしたか?

 

 

実は、上手に付き合うことで軽減されるかもしれないのです。

 

今回は、仕事のストレスのデメリットとメリットからその向き合い方と解消法について

お話していきたいなと思います。

 

 

それではよろしくお願いいたします!

 

ストレスがたまるデメリット

あなたがストレスと向き合っていくためにデメリットについて考えていこうと思います。

 

 

デメリットは、、、

  • 身体に支障が出る
  • 仕事がしたくなくなる

 

この2つを挙げたいと思います。

 

くわしくお話していきますね!

 

身体に支障が出る

日常を生きていて、どうしてもイライラしたりすることってありますよね。

 

そのイライラを発散することができればいいのですが、、、

そう簡単にできないのが現状、、、。

 

 

イライラをぶちまけてしまった人って大概

 

・周りから嫌な目で見られる

・「怒ることしかできんのかな?」って謙遜されてしまう

 

 

病院に行ったら

「何で患者を2時間も待たせるんけ!?」

って怒鳴っているおじさんを見かけます。

そんな方も大抵こんな目で見られていますよね。

 

こんな環境であれば、イライラをどこで発散すればいいか分からない、、、

困りました。

 

 

このように発散しにくい環境になってしまえば、

感情のはけ口がなく、ため込んでしまうことになります。

 

そして、そのイライラがあなたの身体とケンカをしはじめます。

 

 

その結果、、、

 

 

胃潰瘍、うつ、心筋梗塞、適応障害、急性ストレス障害、、、

の病気や症状を引き起こしてしまうのです。

 

身体に支障が出てくるのは目に見えて分かるものではありませんし、

「病院に行って初めて発覚した」

ということも珍しくありません。

 

病気になってしまうのって怖いですよね、、、

 

仕事がしたくなくなる

辛いことがあったり

悩みがあったり

腹が立ったり、、、

 

精神的に負荷がかかったら、

その原因のことを常に考えてしまいませんか?

 

「明日の仕事はどうしよう、、、」

「明日もこんなことがあったらどうしよう、、、」

「何でこんなことをしてしまったんだろう、他に言い方はなかっただろうか、、」

 

こんな具合に、、、

 

 

こうなってしまうと、

自立神経が活発になってしまい睡眠に悪影響を及ぼしてしまいます。

※自立神経:循環器、消化器、呼吸器などの活動を24時間サポートしている神経

 

夜寝れなくなってしまうということは、

かなりの強者でなければ昼に眠くなってしまい仕事に障害が出てきます。

 

それに先程言ったように、精神的負荷が過度にかかってしまうと、

そのことしか考えられなくなってしまいます。

 

そうなってしまうと、、、

 

「もうやりたくない」

「もう何も考えたくない」

って無気力になってしまうんです。

 

つまり「仕事がしたくない!」ってなってしまうんです。

 

仕事のモチベーションは下がってしまいますよね、、、

 

ストレスにメリットはあるの?

私はゲームが好きで、あるゲーム実況グループの動画を観ることが日課です。

毎日配信されるのを楽しみにしています。

今日も、もちろん観ます!

 

めちゃくちゃいい声で癒されるんです、、、

ここまで言ってしまえば、分かる方には分かりそう、、、(笑)

 

 

それはせておき、、、

 

 

その実況グループのお一人がこうおっしゃっていました。

 

「ストレスフリーな人間なんでね。」

 

 

こちらまで伝わってくるような堂々とした態度と声色でした。

この方は、優しくて明るくて堂々としてて隔たりなく人と話せる方。

 

「イライラしなければこんなふうに明るくて堂々と生きられるのかな?」って

「やっぱりデメリットしかないな」

と思ってしまいます。

 

 

「ストレスはデメリットである」

こういった概念の方ってかなり多いと思うんです。

 

かくいう私もこうやってブログに書く前はそう思っていました。

 

では、

「メリット」は何なんでしょうか?

 

  • 現状を改善しようと行動をとる
  • 記憶力が上がる

 

この2つを挙げます。

 

現状を改善しようと行動をとる

負の感情を改善しようと思えば、人って行動に移すことができるのです。

 

今、あなたの周りにある物。

これって実はイライラする感情から生まれてきているものなんです。

 

 

「早く腐ってしまうようなものを冷たいところで保存したい!」

から冷蔵庫が生まれた。

 

「どこでもインターネットが使えて文字で連絡が取れるようにしたい!」

からノートパソコンや携帯電話が生まれた。

 

 

「こんなんがあればいいんにな、、、」

こういうストレスがあったから、

私たちは今こうやって快適に暮らすことができるし、

私も皆さんにブログを通して情報を提供することができる。

 

できないことから脱出するために私たちは、

出来ないものを作りあげようと行動することができるんです。

 

 

改善をするには、「適度なストレス」は必須なのです。

 

記憶力が上がる

カリフォルニア大学バークレー校のダニエラ・カウファー氏はこうおっしゃっています。

 

「過度なストレスがかかると心身に良くない影響を及ぼしてしまいます。

しかし、適度なストレスがかかると、脳内で、、、

特に記憶力にいい作用がもたらすことができるということが分かりました。」

 

これは、カウファー氏が実際に行った実験から導き出せれたもの。

 

実験内容は、

マウスをゲージの中に入れて、

そのマウスが迷路を脱出するための正確な道を通っていくたびに餌を与えるという内容。

 

まず、通常運転の感情のマウスで実験を行い、

その後、マウスを数時間ゲージに閉じ込めて短い時間ストレスを与えました。

 

閉じ込められたマウスのストレス値は高くなっていたと同時に

海馬に新しい脳細胞を作り出していたことが分かったんです。

※海馬:記憶力を収納するタンスのような機能を持った脳の一部

 

 

仕事をしている中で、記憶力って大切だと思うんです。

 

・前回どんな仕事をしていたのか、覚えていないと続きから仕事ができない

・取引先との話の内容を覚えていないと信頼性が無くなってしまう

 

記憶力は、仕事のパフォーマンスをよくする重要な要素になってくるのです。

 

ストレスは本当に不届き者?

『ストレスが健康の敵なってしまうのは、「体に悪影響を及ぼす」と信じているからだ。』

 

ケリー・マクゴニガル氏が書いた、

書籍『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』にはこのようなことが書かれています。

 

 

確かに、メリットはあります。

でも、「病気にかかってしまうのは明らかにストレスのせいでは??」

って思ってしまいませんか?

 

初めは、ケリー氏も「多くの人を悩ませる危険な病気」こんな概念を持っていたのです。

 

ではなぜ、その概念が変わったのか、、、、

ある調査がきっかけで考えを変えたそうです。

 

その調査は、1998年に3万人の成人を対象にアメリカで行われた

 

  • 「この1年間でどれくらいのストレスを感じましたか?」
  • 「健康に悪いと感じますか?」

 

と2つの質問をして、

その8年後に、3万人のうち誰が亡くなったかを調査する。

 

といったもの。

 

 

その結果、

過度なストレスがかかった人の死亡リスクは43%も高くなっていました。

 

ここまではデメリットじゃんって思いますよね。

 

でもその死亡リスクが高まったのは、「体に悪い」と考えていた人であって、

 

「体に悪くない」と思っていた人達には、

死亡リスクの上昇は見られなかったという結果が出ています。

 

 

私たちが、体を壊してしまうのは「体に悪い」という感情が原因なわけであって、

ストレス自身は悪くないのです。

 

それに「ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導く」とも書いてあります。

メリットの時に挙げたように、人は良くなろうと成長をしようとします。

辛いことから経験を積んで、成長する。

 

不届き者ではなかったんですね、、、。

 

ストレスと上手に付き合う

メリットとデメリットについてお話してきました。

良い面もあるということがお分かりいただけたと思います。

 

あなたにとって適度であれば、メリットになり

あなたにとって過度であれば、デメリットになってしまう。

 

あなたが、「もう嫌だ、、、」「仕事なんてやめてしまいたい、、」

と心に余裕がなければ、それは行き過ぎたストレスです。

 

その前にあなたがこれを読んでくれている時点で、

少なからず精神的にキャパオーバーしてしまっていますよね、、、

 

メリットの時に挙げたように

適度にストレスを与えられれば行動することができるけれども

過度だった場合は「もうやりたくない」「もう何も考えたくない」

って無気力になってしまうんです。

 

 

では、過度にならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

 

まずは、あなたのストレスの原因は何なのかを知っていきましょう。

 

ストレスがたまる原因って何だろう?

あなたが精神的につらいな、、、って思うことは何ですか?

 

簡単に挙げていくと、、、

 

・仕事の内容が自分に合わなくてイライラしてしまう

・合わないからミスをしてイライラする

・上司が自分と違う考えをしていてムカつく

・頑張っても認めてもらえない

・陰で悪口を言われているかもしれない

・締め切りが近い仕事を任されて時間がない

・言ったことと違うことを言われる

・常に時間に追われている気がする、、、

 

このくらいでしょうか?

 

あなたに当てはまるものはありましたか?

 

「いわれてみれば当てはまる、、、!」

なんてものもありそうですが、、、

 

 

心が折れそう。

頑張っても意味がない。

理不尽だ。

もっと早く寝たい。

なんでこんなことをしているんだろう。

休みが欲しい。

仕事なんて辞めてしまいたい。

 

 

日々生活を送っていてこう思ってしまうときってありますよね。

 

「もういやだ、、、!」

が積み重なってしまうと本当につらいです。

分かります。

 

 

上記であげた、あなたが精神的につらいなと感じてしまう事柄は

3つのパターンに分けられます。

 

  1. イライラしてしまう
  2. 相手の心の中を考えて憂鬱になる
  3. 時間に追いつめられる

 

この3つです。

 

 

実は、

この3つに共通していることがあるのですが、、、、

 

なんだかわかりますか?

 

ストレスを解消するには?

先程挙げた

 

  1. イライラしてしまう
  2. 相手の心の中を考えて憂鬱になる
  3. 時間に追いつめられている気がする

 

 

これらに共通していることは、

 

『心に余裕がない』 

 

ということです。

 

 

心に余裕がないからイライラしてしまう。

心に余裕がないから憂鬱になってしまう。

心に余裕がないから時間に追いつめられている気がする。

 

だったら、心に余裕を持つことで

『過度』から解消できそうじゃないですか?

 

 

心に余裕を持つには、、、

 

  • 『感情のスイッチ』を切りかえる
  • パターンを知っておく

 

この2つが重要です。

 

くわしく説明していきますね!

 

『感情のスイッチ』を切りかえる

無理難題な仕事を任されたときって、

イライラしたり憂鬱になったりしますよね。

 

「いや、もっと早く言ってよ、、、!」って

 

そうなってしまう前に『感情のスイッチ』を切ってしまいましょう。

 

 

こうやって淡々と言われても

具体的にどうすればいいか分からないですよね、、、、

 

例を出して説明していきますね。

 

 

イライラしてしまったりするなど感情が発生するときって、、、

 

 

無理難題を言われる

衝撃を受ける

※感情発生※

「もっと早く言って!」

「なんで今言うの!?」

イライラする、憂鬱になる

負の感情を持ったまま仕事をする

 

 

こうなってしまう前に感情を切りかえてしまいましょう。

 

感情を切りかえるとは、感情を”絶つ”こと。

 

 

無理難題を言われる

衝撃を受ける

「まぁ、いいや」

とりあえず行動しよう

*感情は後回しにする

 

 

いやなことがあっても、

あえて何も考えないようにするんです。

 

 

実際に私もこれをしています。

 

イライラしそうになったら、

イヤホンをしてYouTubeを開いて自律神経をいなめる音楽を聴いて、

目の前の仕事を片付ける。

 

ちなみに今も聴いています(笑)

 

 

とりあえず行動してみることで案外楽になれます。

 

それに仕事のパフォーマンスは落ちませんし、

イライラしながら仕事をするより断然集中できます。

そして集中することでイライラしていたことを忘れることができます。

 

かなり古典的なやり方だなって思うかもしれませんが、結構効果はありますよ(笑)

 

『感情のスイッチ』を切ることで、得られることはたくさんあります。

 

あなたも一度試してみては、、、?

 

パターンを知っておく

感情があらぶってしまうパターンを知っておくことで、

事前に対策を考えることができます。

 

「このパターンはこの対策をすべきだな」

って冷静に向き合うことができるんです。

 

 

感情のパターンは、先ほどの3つ

 

  1. イライラしてしまう
  2. 相手の心の中を考えて憂鬱になる
  3. 時間に追いつめられている気がする

 

 

1から順番にお話していきますね!

 

イライラしてしまう

なんかよく分らんけど

無性にイライラするときってありませんか?

 

それって、

「こうすべき」「ああすべき」

という『すべき思考』が原因なんです。

 

 

「ミスはするべきではない」

「上司と意見を合わせるべきだ」

 

こういう固定概念に固められてしまえば、それが重荷になってしまいます。

 

自分にも他人にも厳しくなってしまうのって生きにくくないですか?

一度『すべき思考』を捨ててみましょう。

 

 

「こうすべき」を

 

「こうなったらいいのにな、、、」

 

という思考に変えましょう。

 

 

どうですか?

少し楽になりませんか?

 

相手の心の中を考えて憂鬱になる

ついつい詮索しすぎて、

「嫌われとるんかな?」

って勝手に悩んでしまうことってありませんか?

 

頑張っても認めてもらえないのは嫌われているからかな?

ミスをしてしまったから陰で悪口を言われているかもしれない、、、

言ったことと違うことを言うのは、自分のことが気に入らないからかな?

 

一度思いこんでしまえばとことんそう思ってしまうのが人間。

そうじゃないという人もいますが、そんな方ばかりではないですよね。

 

 

私は、なりきりヤンキーが多い高校に通っていました。

なりヤンが多い分、人間関係で悩むことも多かったです。

 

そんな時、友達に相談して言われて救われた言葉があります。

 

 

「あの人はそこまで思っとらんちゃ。気にせんとかれ。」

 

 

つまり、

友達でもなければ、嫌いでもない人っていますよね。

 

「君はそういう認識の人間だと思うから、なんとも思われてないよ」

ってことです。

「まぁ、眼中にないとおもうから気にするな」ということです。

 

 

確かにそうだなと、、、

眼中にないという言葉は少し傷つきますが、、、(笑)

 

それに確認もしていないのに、

「嫌われとる!」って勝手に思うのがバカらしくなりました。

 

嫌われているって思っていても相手は案外そんなことを思っていないのかもしれません。

「事実を確認していないこと」に考えすぎなくてもいいんです

 

時間に追いつめられている気がする

「これをきちんと時間内にやり遂げなければ、、、」

「あれもきちんと終わらせないと、、、」

 

 

そんなに完璧主義でいないといけないのでしょうか?

 

 

失敗をしないために、調べたり、考えたりしようとする。

これは悪い完璧主義です。

 

 

完璧にこなすことはもちろんいいこと。

仕事熱心ということですからね。

 

でも

行き過ぎてしまうと疲れませんか?

毎回そういうスタンスで疲れませんか?

 

「思っている通りにならなくていい」

「不十分でもいい」

「8割できていればいいじゃないか」

 

 

趣味で漫画を描いていますが、常にこんなスタンスです。

 

質より、いかに時間に間に合わせるか。

時間内にできる最善を尽くそうと思います。

 

 

理由は、

完璧なものなんて永遠に出来ないから。

描き加えようと思えばいくらでもできるから。

 

時間内に仕上がらない方が信用に傷がつきます。

 

 

完璧なものを作るのではなく、

時間内に自分がどれだけのパフォーマンスができるのか。

 

こう考える方が気が楽です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ストレスのメリット・デメリットと解消法までお話しさせていただきました。

 

解消するには、、、

・上手に付き合う

・感情のスイッチを切ってしまう

・パターンを知ってその時にあった対応をする

 

この3つが重要になってきます。

 

適度にストレスがあることは重要です。

ですが、それを過度に落とし込まないようにしなければいけません。

 

『過度』『適度』の境界線ははっきりとしていませんが、

あなたが

 

「もう駄目だ、、、」

 

となってしまうのは過度になっている証拠です。

 

 

そうなってしまう前に、、、

あなたが潰れてしまう前に、、、

 

ぜひ解消していってください。

元気なあなたが一番輝いています。

 

 

少しでもあなたの知識になれば幸いです。

 

 

本日のテーマは「仕事のストレスを解消するには?心に余裕を持たせる2つの思考」でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!


========================


★今回のブログはいかがでしたか?
 
 
 
面白いなと思ったら、FacebookやTwitterでこちらのブログをシェアしてくださいね! 口コミはあなたから始まります。どんどん作りだしてください!
 
 
 
ご意見、ご質問などはどんな些細なことでもいいので下のコメント欄から教えてくださいね。お返事は必ず返します!
 
また取り上げて欲しい内容など話題、ご質問などもお待ちしております。
 
お気軽に下のコメント欄から教えてくださいね。




\ SNSでシェアしよう! /

クラッシュコーチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クラッシュコーチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 相手を惹きつける上手な話し方のコツ5選

  • あがり症を克服!人前で緊張せずに話す5つの方法

  • お金持ちになる人の共通点と特徴は?幸せなお金持ちになる方法と考え方とは?

  • 人材育成において大切なフィードバックのやり方とコツは?

関連記事

  • 日記を書くメリットと続ける4つのコツ

  • 趣味がない社会人におすすめ7選

  • 成功者の共通点。ツキを呼び込む4つの方法とは?

  • タスク処理上手くできてますか?仕事を効率よくできる人の特徴

  • ネガティブ思考やめたい… 思い立ったらセロトニンに相談だ!

  • ビジネスマンにおすすめの読書術と読書のメリット!